--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012. 06. 07  
  メジロ 



31.jpg

 最初の一枚は上手く撮れましたが




鶯も、メジロも春告げ鳥我々には馴染みの鳥です。
またメジロは比較的警戒心が緩く都会でもたまに見る事
が出来ます。



32.jpg


  自然相手ですとなかなか・・・・

    人間ですと、カメラを意識

      カメラ目線で楽なんですがね


メジロは甘い蜜を好み大阪城の梅林にも現れます。
梅に鶯、梅にメジロどちらもありですが、梅に鶯の方が一
般的ですね





33.jpg


  後ろ姿ですみません


目白押し
込み合っていること、物事が多くあること。メジロがお互
いに押し合うように、ぴったりと枝に並ぶことからいわれ
ます。



クリックしていただくと、ランクアップします。
応援よろしくお願いします。

有限会社 芋忠本店

 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村

芋忠全景

スポンサーサイト
2012. 06. 05  
ジョウビタキ(オス)  



11.jpg




椿の造花に虫エサをいれて撮影

  鳥も造鳥(標本・サンプル・なんというのでしょうか)

 のようですが正真正銘 ジョウビタキ(オス)です

鳥の世界ではオスが綺麗です、動物の世界でも

ライオンなどはオスの方が見てくれは良いですね

人間の場合は女性が美しいですな(全てとは言いませんが・・・・)




体長は13.5-15.5 cm、体重13-20 g。スズメよりわずか
に小さい。オスは頭上が白く、目の周りが黒いのが特徴です。
メスは頭が淡褐色でオスとは簡単に見分けられます。胸から
腹、尾にかけてはオスメスとも橙色をしている。




翼は黒褐色だが中ほどに白くて細長い斑点があり、ここで
近縁種と区別することができます。
分類説によって、ヒタキ科もしくはツグミ科に分類されます。



ヒタキ類のように樹上から飛び立ち羽虫を空中捕獲で捕食する
他、ツグミ類のように地上に降りることも多いようです。




12.jpg


      はち鳥のようにホバーリングしていますね

   ここまでくれば芸術ですな!!




平地からの低山の明るく開けた林の中に生息、冬の日本では人
里や都市部の公園などでもよく見られ、身近な冬鳥の一つです。



非繁殖期はオスメスともに単独生活を行い縄張りを作って同種
を排斥する習性があり、異性個体や鏡に映った自分の姿にも攻
撃を加えるほどです。おじぎのような姿勢で鳴き声をあげて縄
張り争いをする。しかし人間に対する警戒心はわりと薄いよう
です。



昆虫類やクモ類などを捕食します。
樹洞、崖のくぼみなどに枯葉や苔を使って皿状の巣を作り、5-7
個の卵を産み、主に雌が抱卵します。
地鳴きは自転車のブレーキ音を短くしたような声で、「ヒッ」や
「キッ」と聞こえる甲高い声と軽い打撃音のような「カッ」とい
う声を組み合わせた特徴的なものである。「ヒッ」の声はかなり
遠くまで届く。早朝にも鳴くことが多く、2度「キッ、キッ」、
続いて打撃音の「カッ、カッ」がくる。

13.jpg

  立つ鳥後を濁さず

チョット散らかしたようですが

   これぐらいは良いとしましょうか




この打撃音が、火を焚くときの火打石を打ち合わせる音に似ている
ことから、「火焚き(ヒタキ)」の名が付いたとされます。




クリックしていただくと、ランクアップします。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
山本第三病院
2012. 06. 04  
51.jpg

百 舌 鳥

   百舌鳥がバッタを捕食し
 
     うまいもんやろうと自慢げな顔!!

    観察していますと人間同様器用な百舌鳥

   不器用な百舌鳥もやはりいるものです。

 





日本の北海道、本州、四国、九州に分布しています。

秋季になると南下したり標高の低い場所へ移動し越冬します。

開けた森林や林縁、河畔林、農耕地などに生息する、食性は
動物食で、昆虫、節足動物、甲殻類、両生類、小型爬虫類
小型の鳥類、小型哺乳類などを食べる。



52.jpg



 やはりお食事は家に帰って子供たちに食べさせて
   
     家族水入らずでいただきます、と飛び立ちました????
   
  これはあくまでも推測です









樹上などの高所から地表の獲物を探して襲いかかり、再び樹
上に戻り捕えた獲物を食べます。



百舌鳥は、様々な鳥(百の鳥)の鳴き声を真似た、複雑な囀
りを行うことが和名の由来です。2-8月に樹上や茂みの中な
どに木の枝などを組み合わせた皿状の巣を雌雄で作り、4-6
個の卵を産みます。




  

はやにえ
モズは捕らえた獲物を木の枝等に突き刺したり、木の枝股に
挟む行為を行い、「モズのはやにえ(早贄)」として知られ
る。




稀に串刺しにされたばかりで生きて動いているものも見つか
る。



53.jpg



     これはムクドリの頭をはやにえにしたところです。

          小鳥といえども猛禽類に属しているので

        ちょっと残忍ですね

 (おまえら人間にそんなこと言われとおない・そらそうだ!!)






はやにえは本種のみならず、モズ類がおこなう行動である]。
秋に最も頻繁に行われるが、何のために行われるかは、全く
分かっていない。はやにえにしたものを後でやってきて食べ
ることがあるため、冬の食料確保が目的とも考えられるが
そのまま放置することが多く、はやにえが後になって食べら
れることは割合少ない。近年の説では、モズの体が小さいた
めに、一度獲物を固定した上で引きちぎって食べているのだ
が、その最中に敵が近づいてきた等で獲物をそのままにして
しまったのがはやにえである、というものもあるが、餌付け
されたモズがわざわざ餌をはやにえにしに行くことが確認さ
れているため、本能に基づいた行動であるという見解が一般
的である。
はやにえの位置は冬季の積雪量を占うことが出来るという風
説もある。冬の食糧確保という点から、本能的に積雪量を感
知しはやにえを雪に隠れない位置に造る、よって位置が低け
ればその冬は積雪量が少ない、とされるが、はやにえ自体の
理由は不明である。


百舌鳥と堺市は切っても切れない、南海高野線中百舌鳥駅
そして百舌鳥八幡、大阪府の府の鳥および堺市の市の鳥に指定
されて、特にに御縁があります。



その他にも、香川県高松市には百舌坂という坂や、120円の日本
の普通切手に採用されています。
こうしてみると鳥の中でもランクは上のようですね。






クリックしていただくと、ランクアップします。
応援よろしくお願いします。
にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
中尾運輸

2012. 05. 10  
  山雀 ヤマガラ


全長13-15センチメートル。頭部は黒い羽毛で被われ、額から頬
後頸部にかけて明色斑が入る。下嘴基部(腮)から胸部にかけて
黒い帯模様が入る。尾羽の色彩は黒褐色。初列風切や次列風切の
色彩は黒褐色で、羽毛の外縁(羽縁)は青みがかった灰色。


  yamagara1.jpg

  エゴノ木の実を食べています


雨覆や三列風切の色彩は青みがかった灰色。
標高1,500メートル以下にある常緑広葉樹林や落葉広葉樹林に生
息する。和名は山に生息する事に由来するが、山地から平地にか
けて生息する。標高1,000m以上の場所に生息する個体は、冬季
になると標高の低い場所へ移動する。同科他種と混群を形成す
る事もある。



yamagara2.jpg



食性は雑食で、昆虫、クモ、果実などを食べる。主に樹上で採
食し夏季は主に動物質を、冬季は主に果実を食べる。



堅い果実は後肢で挟み、嘴でこじ開けて中身を食べる。
また樹皮などに果実を蓄える事(貯食)もある。



 yamagara3.jpg

  私が小学生の頃心斎橋筋第一銀行横で
   ヤマガラのおみくじ引きを見ました
 子ども心に何時も感心してみたことを
            思い出しました
オノミ(麻の実) をご褒美に貰っていました。




http://www.youtube.com/watch?v=nYDa9gK7TGQ
ヤマガラノおみくじが見られます。



日本では文献から平安時代には飼育され、本種専用の「ヤマガ
ラかご」もあった。学習能力が高く芸を仕込んで覚えさせ、披
露される事もあった。芸の披露は江戸時代に盛んで、特におみ
くじを引かせる芸が多く1980年ごろまでは神社の境内などの日
本各地で見られた。そのため年輩者には本種はおみくじを引く
小鳥のイメージが強いがおみくじ芸自体は戦後になってから流
行し発展してきたもので、曲芸は時代につれあれこれ変遷して
きたことが記録から読み取ることができる。しかし鳥獣保護法
制定による捕獲の禁止、自然保護運動の高まり、別の愛玩鳥の
流通などにより次第に姿を消してゆき現在本種を用いた芸を見
ることはできない。このような芸をさせるために種が特定され
飼育されてきた歴史は日本のヤマガラ以外、世界に類例を見な
い]。
2012. 05. 06  
  
  鶯 ウグイス

日本ではほぼ全国に分布する留鳥。ただし寒冷地の個体
は冬季に暖地へ移動する。平地から高山帯のハイマツ
帯に至るまで生息するように、環境適応能力は広い。笹
の多い林下や藪を好むが、囀りの最中に開けた場所に姿
を現すこともある。声が聴こえても姿が見えないことが
多い。

uguisu1.jpg

 天王寺公園 茶臼山 川底池近くで撮影


さえずりは「ホーホケキョ、ホーホケキキョ、ケキョケ
キョケキョ……」、地鳴きは「チャッチャッ」。このう
ち「ホーホケキョ」が接近する他の鳥に対する縄張り宣
言、「ケキョケキョケキョ」が侵入した者への威嚇であ
るとされている。ちなみに「ホーホケキョ」と鳴くのは
オスである。「ホーホケキョ」とさえずるのを初めて聞
いた日を『ウグイスの初鳴日』と呼び、気象庁が生物季
節観測に用いている。


uguisu2.jpg


 警戒心が強くなかなか姿を見ることができない


クリックしていただくと、ランクアップします。
応援よろしくお願いします。






平地にて鳴き始める季節が早春であることから春告鳥
(ハルツゲドリ)の別名がある。 本州中部あたりでは
2月初旬頃からさえずり始め、 8月下旬頃までがよく聞
かれる時期だが、10月頃まで弱いさえずりが聞かれるこ
とがある。



有限会社 芋忠本店
にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村

芋忠全景
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。