--. --. --  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017. 08. 01  
 今日ご紹介をさせて戴くのは、高大家 緑生さん中々の芸
達者な方で色々な事に挑戦されています。

本日の出し物は、相撲甚句とガマの油売りの口上です。
ガマの油売り口上は皆さんご存知でしょうが一寸紹介
 香具師は、行者風の凝った衣装をまとい、大道芸で客寄せ
をした後、霊山・伊吹山しか捕獲できない、とする「四六のガマ
」と呼ばれる霊力を持ったガマガエルから油をとる方法を語る。
四六のガマは己の容貌を今業平(在原業平のような美形)だ
と信じているが、周囲に鏡を張った箱に入れれば自らの醜悪
さに驚き、脂汗を流すという。この汗を集め、一定期日のあい
だ煮つめてできたものが「ガマの油」今回は高大家 緑生さん
相撲甚句と、ガマの油売り口上を聞いて戴きます。


[広告] VPS









   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
スポンサーサイト
2017. 07. 30  
 今まであだっちゃん&カンチャンで出演してくださっていまし
たが、同名の方がおられると言うことで改名されました。 
新しいお名前は 「カンチャンといろは」 になりました以後
よろしくおねがいします。


腹話術と言えば私らの年代は川上 のぼるさんを思い出しま
すな私が幼いころラジオ放送の公開録画でよくみました。

 叔母さんがそごうで働いていて、そごうのホールに裏から入
り内緒でよく見せてもらいました半世紀以上前の話です。

 当時、川上 のぼるは、飛ぶ鳥落とす勢いで大変な人気者
でした、3代目桂米朝は「あの頃一番儲けはった」と当時を回
顧されていました。
今はビックカメラになっている千日劇場や旧うめだ花月など
に出演。弟子らを率いて『川上のぼるとリズムボーンズ』(1963
年より『川上のぼると大阪ヤローズ』と改称)を結成し音楽ショ
ウ、腹話術、声帯模写、コントなど、何でもありの芸で寄席やラ
ジオで聞かぬ日はありませんでした。

 晩年は天満天神繁昌亭に腹話術で出演。2013年9月7日、心
不全のため83歳でなくなられました。


[広告] VPS








   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
2017. 07. 29  
 今回は初舞台を経験される女性をご紹介させていただきます。
誰でも始めての経験は有るものです、そこで上手くいけば自信
がついて右肩上がりで腕を上げていくようです。

 今回ご紹介するのは妙齢のご婦人
●広辞苑によれば、妙齢とは「うら若い年頃」とあります。
また「うら若い」とは「草木の末(うら)が若くみずみずしい」及び
「若く、ういういしい」と言っています。
ですから「妙齢の婦人」と言えば、「難しい年頃」と同様に、主観
に左右される言葉だと思います。
明治、大正、昭和中期までの時代の年齢と現在のそれとでは
明らかに違いがあります。
大正時代の人の写真を見ると、40代にもなると・・・・・・・
もう老婆食糧事情が、家事の負担が現在とは比べられない過酷
な時代 でした。
現代は平均寿命も、世界1とか2位とか食べるものも格段に向上
しました。
その分、「妙齢の婦人」の年齢もどんどん上がっています。
吉永小百合さん、十朱幸代さん70歳過ぎていますが、妙齢?か
どうかは別にして素敵だと思う男性も多い事でしょう。

○38歳の方の相談、妙齢て無理でしょうか?お訊ねします。
 私が20代の頃は30歳と聞けば・・・・でしたが私が後期高齢
者一歩手前になりますと、48歳若い58歳若い、68歳・・・若いで
すね?私から見れば妙齢の夫人と見えるのですが、人それぞ
れですので・・・・・・余り深く考えずさらりと流してください。 
立場が変われば
 自転車に乗っていると歩行者が・・・・・・
 歩行者の立場だと自転車が・・・・・・・・・

 夏になると冬の方が・・・・・・・・・・
 冬になると夏の方が・・・・・・・・・・

と言いながら人は人生を終えるものなのでしょうか。


[広告] VPS









   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
2017. 07. 28  
 廣田神社さんで奉納演芸会を始めまして早6年が経過しまし
た、始めはお客さんも少なかったのですが、年を追うごとにぼ
ちぼちと増えてまいりました。

 今日ご紹介しますのが、夢 たか子さんこの方は越中おは
ら道場菊池屋一門に於いて活躍、大道芸全般、安来節どじょ
う掬いなど芸達者な夢たか子さん動画見てください。



 フーテンの虎さんの口上から始めます。

まかった数字が三つ、ね、七つ長野の善光寺八つ谷中の奥寺
で、竹の柱に萱の屋根、手鍋下げてもわしゃいとやせぬ。信州
信濃の新そばよりも、あたしゃあなたのそばがよい、あなた百ま
でわしゃ九十九まで、共にシラミのたかるまで、と、きやがった、
どうだチキショウ。さあこれで買い手がなかったら、私、稼業三
年の患いと思って諦めます、ねえ、西に行って天橋立、東に行
って東京、西と東の泣き別れだ、おい!



[広告] VPS








   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
2017. 07. 27  
 わが町、廣田神社の夏祭りが始まりました(22日 23日)。
歴史のある廣田神社
祭神
 撞賢木厳之御魂天疎向津媛命(つきさかきいつのみたまあ
まさかるむかつひめのみこと。天照大神の荒魂)を祀る。

歴史
 創建不明。天王寺の鎮守で、今宮村では古くから正月には
御所へ新鮮な鯛を2尾貢いだという。
明治5年(1872年)村社に列す。
明治39年(1906年)神饌幣帛料供進社に指定される。

 昔は西方に紅白2種の萩を植えた茶店があって、萩の茶屋
と呼ばれていたそうです。

アカエの絵馬
 痔疾の平癒を祈り、全快の報賽にアカエの絵馬を捧げる。こ
の神は土地を守る神で、地と痔と音が通じることから痔疾平癒
を祈るものとなったそうです。



[広告] VPS




次回より奉納演芸会を観て戴きます、よろしくお願いします。


クリック宜しくお願いします。



   このブログに投票

ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。