2017. 05. 29  

世の中こんがらがっているので、こんな歌で簡単に
物事が解決に向かうかいな、というご批判はごもっとも
ですが、環境がととのってくると安心・安全な方向へ進
んでいくのではないでしょうか?

  その環境つくりのために、心の休養とリフレッシュ
が大切でしょうね。部屋の中が、または机の上が乱雑で
整理されていなくて、大切な探し物がみつからないこと
はよくあることです。  





1 長居公園の入り口






<1 長居公園の入り口 >


  気がかりなことがあってもなかなか解決しないの
は、もっと簡単で当然片付けるべき細かな用事・気配り
をほったらかしにしているせいでもあるようです。

  心の休養をとり、リフレッシュをするとまた元気を
取り戻して集中力と用事の処理能力が高まり、仕事の能
率も上がってよろしおまっせ!!

  常識的なことで、そんなことワカットルワイ!と叱
られそうですが忙しい人ほどなかなか出来ない。

  だからときおり、ノープランの休みを決めて非日常
の体験をしてみることもおすすめです。

  鯉のぼりなど、水に泳ぐ鯉を5月の綺麗な青空を大
きな池にみたてて幟(のぼり)として泳がすという日本
人のユニークな発想は世界に誇れる文化ですね。
 
  おっと忘れていました。「悪人も改心する清らかな
歌、海潮音(かいちょうおん)の春」の元の英語の詩を
ご紹介します。   





2 バラをみつめる少女






 <2 バラを見つめる少女 >


     PIPPA PASSIES
    (ピッパ パッシーズ =ピッパが通る)

  THE YEAR‘S AT SPRING !
    (ジ イアーズ アット スプリング=時は春 )

  SPRING IN THE MORN、
  (スプリング イン ザ モーン=日は朝<あした>、)

MORNING IS AT SEVEN、
  (モーニング イズ アット セブン=朝(あした)は
7時、)
 
  THE HILLSIDE IS DEW PEAR
  ―LED、
(ザ ヒルサイド イズ デュー パールド=片丘に
 露は満ち、)
   
LARKS ON THE WING、
(ラークス オン ザ ウィング=あげひばり名乗
り出<い>で )

SNAILS ON THE THORN、
(スネイルズ オン ザ ソーン=カタツムリは枝
 に這い、)

  GOD  IN HIS HEAVEN、
  (ゴッド イン ヒズ ヘブン=神 空にしろしめ
  す<治めておられる>)

  ALL‘S GOOD WITH THE WOR
  LD! (オールズ グッド ウィズ ザ ワール
ド!= すべて世は事もなし! )






3 花壇の花々







<3 花壇の花々 >

  大学時代のある夏休み、イギリス語科の学生何人か
で残って勉強していたら、感心じゃと思って当時の学監
(いわば副学長)の宋 武志(そう たけし)先生が、
いくつかの英語の詩を紹介し、教えて下さった中に偶然
この詩もありました。きれいなキングズ・イングリッシ
ュでした。

  この先生は対馬の最後の殿様で、戦前より勤めてお
られて、昔は貴族院議員で毎日馬車でおいでになってお
られたそうです。

  なんにしても、のどかな時代ではありました。



ポスター







   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
スポンサーサイト
2017. 05. 21  
=「海潮音(かいちょうおん)」から「春」(上田敏訳) ①


その昔、高校時代の国語の時間に詩集「海潮音」か
ら上田敏(びん)訳の『春』を習ったのを思い出しまし
た。

  その中身は次のようなものです。

凶暴な悪事を思い付いた悪人二人が朝早くからその
相談をしていたところ、そばをピッパという清純な少女
が清らかな声で楽しく歌って通りました。





1 バラをみつめる少女







< 1花を見つめる少女 >  

それを聞いた二人は、こんな素敵な景色のもとで綺
麗な歌をきいて、悪いことをたくらむのがすっかりバカ
らしくなってその悪事を実行することをあきらめ、とう
とうまともな仕事をする気になったというお話です。

  5月は晩春や初夏とも言われる時期ですが、すがす
がしいそよ風も吹き、青い空に鯉のぼりが泳いで綺麗な
花々が咲き誇って、雑草ですら若々しい浅緑の綺麗な色
で目を楽しませてくれます。
     






2 一文字橋の上で泳ぐ鯉のぼりたち





<2 一文字橋の上で泳ぐ鯉のぼりたち >  その歌は次のとおりです。

『春』 =ピッパが通る=

  「 時は春
    日は朝(あした)
    朝(あした)は7時
    片丘(かたおか)に露(つゆ)は満(み)ち
    かたつむり枝にはい
    神 空にしろしめす(=治められる)
    世はすべて事もなし 」
         




3 花壇で遊ぶ







<3 花壇で遊ぶ >         




4 白鳥がのどかに泳いでいる







<4 白鳥がのどかに泳いでいる>


  5月の始めに長居公園に行ってきました。





5 ヤンマースタジアム長居陸上競技場







<5 ヤンマースタジアム長居陸上競技場 >





6 緑と花が一杯!







<6 緑と花が一杯!>
朝7時には公園は開きませんが、午後からでもさわ
やかな気分になれますよ。
    





7 ホットドッグやコーヒーを売っている






<7 ホットドッグやコーヒーを売っている >
    





8 一文字橋の上でひるがえる鯉たち






<8 五月の風を一杯吸ってひるがえる鯉たち >

これからはバラが満開になる季節。 近くの公園に
足を伸ばしてみませんか?



ポスター







   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
2017. 05. 12  
   徳川家康が幸村の叔父の真田信伊を使って幸村に寝
返りを迫って「十万石でだめなら信濃一国を与えるがどうか
」と持ちかけたところ、秀吉の恩義に答えたい幸村はそんな
つまらぬ男ではない!と叔父を追い返したそうです。






8 家康が寝返りをもちかけたときの返事






    <8 家康が寝返りを持ちかけたときの返事、>

慰霊祭が始まる時間が近づくにつれて、お参りをする参拝者
が増えてきました。






9 沢山の人がお参りに来られます






      <9 沢山の人がお参りに来られます >

祭壇の方も式の準備が十分整えられて、始まるのを待つばかりです。






10 慰霊祭の祭壇






      <10 慰霊祭の祭壇 >






11 慰霊祭の祭壇と銅像






     <11 慰霊祭の祭壇と銅像 >

銅像の後ろには2代目ながら幸村が討たれた松がみえます。
安居神社は伏見の稲荷神社の系列なので、狛犬の代わりに
キツネが見守ります。参列の人々は今か今かと
式の始まりを待っています。





12 各地の神社から写真の狐さんの登場







  <12 各地の神社から写真の狐の登場 >




13 慰霊祭を待つ人々








     <13 慰霊祭を待つ人々 >

会場には大坂城鉄砲隊のひとびとが駆けつけ、真田幸村と徳
川家康に扮装した二名がいましたが、写真スナップはどうして
も幸村の人気が圧倒的でした。






14 大坂城鉄砲隊の幸村および家康に扮する二人






     <14 大坂城鉄砲隊の家康および幸村に扮する二人 >
  
 いよいよ始まりました。 まず安居神社の宮司さんの挨拶と
祝詞(のりと)の奏上。このあと長野県上田市の観光課長さん
などの拝礼や挨拶が続きます。





15 宮司さんの挨拶







     <15 宮司さんの挨拶 >






16 宮司による祝詞(のりと)奏上







     <16 宮司さんの祝詞奏上 > 





17 上田市観光課の挨拶







      <17 上田市観光課の挨拶>



ポスター






   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
2017. 05. 11  
   
式の片方で次々と沢山の人々が参拝にこられています。






9 沢山の人がお参りに来られます






<9 沢山の人々がお参りにこられます >

  式は進んで、デパートの大丸創業者が真田幸村の尊崇
者であったため、安居神社に昔からいろいろと後援してきた
関係で社員代表のお参りがありました。






18 大丸百貨店から関係者の参拝






<18 大丸百貨店から関係者の拝礼 >

  また銅像製作者の参拝と挨拶。この人は「人前の挨拶は
慣れてないんで・・・」と断りながら製作上の苦労話など芸術
家らしくとつとつと語っていました。

  参加者たちはじっと見守ります。後藤又兵衛の御子孫の
参拝が司会者から告げられましたが、なにか都合が悪かっ
たのか来られてなかったようです。

  このあと事件が起こります。大坂城鉄砲隊の代表者の拝
礼がすんで、挨拶の段階で大坂城観光の人々に案内と歴史
上の説明をしているんだと言った後、銅像製作のときには時
代考証や鎧(よろい)やカブト、草履の細かい形まで銅像製
作者に教えてやったのになにひとつ感謝の言葉がなかった、
とマイクを通して声を荒げて非難するのです。

  なにか嫌なムードがひろがります。こんなごたごたを聞か
されるとせっかくの慰霊祭が台無しになるし、地下の真田幸
村さんも泣いているぞという思いと、ドラマの幸村も秀頼の側
近や浪人たちの勝手な動きに苦労していたな、と思い出され
ました。






19 式進行中の参加者






<19 式進行を見守る人々 >

  さらにモラロジーの論文に、いかに能力・知恵・才能があ
っても「第二の徳」がなければ一生苦労だけで終ると、義経・
真田昌幸(幸村の父)・幸村・大助(幸村の長男で秀頼の後
を追って自刃)・後藤又兵衛などの名前があげてあったけれ
ど、読んだ当時はファンの私は違和感を感じたものでしたが、
今日の事件を見て何か納得したのでした。

  一心寺さんについては、家康は秀吉の正室であった高台
院(こうだいいん=ねね)<家康の信頼がある>のとりなしや、
自身が霧降(きりふり)の松で助かったこともあって、寺の本
領安堵(ほんりょうあんど)(=領地の保障)をするとともに「
坂松山(ばんしょうざん)」、逢坂(おおさか)の坂と、命を助け
てくれた松を使った山号(さんごう)を与えました。

  今日もその扁額(へんがく)がお寺にかかげてあります。

  大坂城鉄砲隊の代表はとみると、そのあとのんきに大声
で幸村の短銃で家康を狙うシーンを、甲冑(かっちゅう)を着た
二人の役者に再現させていました。







20 大坂城鉄砲隊の責任者の説明







<20 大坂城鉄砲隊の責任者の説明 >  





ポスター







   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

2017. 05. 10  
  昨年ぐらいからスニーカーやタウンカジュアルのスニーカー
・タイプ(=カジュアル・スポーツ)が大化けしてます。

  デザインだけでなく、素材・色・仕様まで「これでもか!」
の意気込み勇ましく、新しい工夫と展開が試されています。

  これまでの定番的なデザインでは、アダルトや中高年の
お客様にも振り向かれなくなりそうです。



1 以前はこういった商品が中心だったが・・・









    <1 以前はこういった商品が中心だった >

  素材的には、綿や雑材、衣料品用生地など、ポリ系統で
もチュールや通しメッシュなど、手触り感のある3D素材が人気
です。
   




2 昨年から大流行、通しメッシュのスニーカー







   <2 昨年から大流行、通しメッシュのスニーカー >

  色でも顕著に明るいカラー、オレンジ・イエロー・グリン・サ
ックス・レッド・バイオレットなどいままで考えられなかった
色たちが主役に代わってきています。





3 女性用ではなくメンズも同じ素材で・・・







   <3 女性用ではなくメンズも同じ色と素材で・・・>

  これまでリゾート・シューズとして考えられていたものが普段
のタウンシューズ(待ち歩き用のおしゃれシューズ)として足元を
飾るようになってきています。






4 大衆靴ながら色が楽しい






    <4 大衆靴ながら色が楽しい・・・>

  この傾向は10数年前から流行している各都市における
市民マラソンの影響が大きいとおもえます。





5 スニーカーもおしゃれでお買い得







     <5 スニーカーもおしゃれでお買い得 >


  ナイキ・アジダス・コンバース・ニューバランス等各社の意欲
的なスニーカー類が、ジーンズやホワイトパンツに合わして、街
を闊歩しているのが現状です。





6 人気のニューバランス







     <6 人気のニューバランス >

  それら一流ブランドメーカーを真似て、二流・三流メーカー
もこれから初夏・盛夏に向けて次々に新製品を出していくこと
でしょう・・・♪♪












     <8 こんなのが千円ちょっとで買えます >





9 ことしはこのような色・素材・デザインで・・・







    <9 今年はこんな色・素材・デザインで >

  まさに靴も笑う!であります・・・。






10 おしゃれなハイカット・スニーカー






     <10 可愛いいハイカット・スニーカー >



ポスター








   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム