2017. 08. 03  
yjimage.jpg
 


       ふみの会

 『 痛 い 』
 糖尿で痛さ馴染むとこわい壊疽   
正 治
診てすぐに切りましょうかと言う外科医
道 子
 
またテロか流す痛みに嫌悪する    
多鶴子
 
昂って外した痛いあのパット     
喜八郎
 
模様替え出来たころには腰痛め    
ミ ヨ
 
なけなしの年金むしりとっていく   
春 幸
 
境界のトラブル結果痛み分け     
元 武
 
月末のピンチの時に喪の知らせ    
尚 邦
 
痛し痒しどっち付かずで決めかねる  
清 子
 
入りと出の差額に頭痛めてる     
迪 世
 
内視鏡痛い目をして金払う       
  宏
 
口達者たてば歩行がおぼつかぬ    
八惠子
 
安心が痛み止めです老いの坂     
佳 子
 
二十八人の先輩棋士が悔しがる    
正 博
 
老い集い痛み自慢を今日も又     
松 子
 
三日目の痛みに老いを知るハイク   
勇 司

リウマチの痛み忘れる歯周病     
利 子
 
痛いとこ通り過ぎればバラが咲く   
楢 子








  『 取る 』     
ポリープを取った結果が笑ってる  
 宏

取り合いの品切れご免特売日    
喜八郎

白内障もやもやを取りあらが見え  
佳 子

更衣室取り留めの無い話満ち    
迪 世

取り入れる頃を夢見て苗植える   
秀 子

計画の甘さがいつも時間取る    
正 博

トータルで取ったつもりが取られてる
勇 司

手を取って教えてもらいこの程度  
八惠子

涼しげに藤井四段の技光る     
麗 子

どん尻で拍手取ってる運動会    
常 男
 
梅の香に包まれながらヘタを取る  
楢 子
  


  『 言い訳 』      
言い訳がどんどん遠くする家路  
常 男

言い訳が並び心が遠くなる    
麗 子

言い訳は聞かず黙って抱きしめる 
八惠子

言い訳も信用ですよ三度まで   
松 子

言い訳を考え急ぐ待ち合わせ   
楢 子

遅刻ぐせ言い訳ネタも底を着き  
利 子

弱み持つ言い訳だけに声あらぐ  
元 武

言い訳に風邪は都合のいい病   
利 子

言い訳を考えて飲む午前さま   
尚 邦

朝帰り言い訳なんかするもんか  
佳 子

言い訳をしないところが男前   
勇 司

理解して分かったけれど知らんぷり
正 博

うっかりと言い訳承知で貸してやり
多鶴子

子が真似る父の言い訳母の愚痴  
常 男

言い訳を考えているシャツの紅  
喜八郎

飲んできた言い訳妻はお見通し  
秀 子




八 月二十三日( 火 )
  西成区民センター
      午後 6時
  
  宿 題  
    ぐらぐら

  宿 題  
    ビール

  互 選  
    ゆったり






   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
スポンサーサイト
2017. 06. 29  
        ふみの会

9d765e2e.jpg


今年は空梅雨ののようです、アジサイには雨が似合います
 水無月(みなづき)/6月 田に水を入れる水月から来てい
るそうですね、うっとしいと言いながらなくてはならない梅雨
です。



 『 涙 』 

大ジョッキ悔し涙を一気飲み    
道 子

会議中こらえたあくび目に涙     
勇 司
 
泣き止んだ赤子の頬に涙つぶ     
正 博
 
悔しさを挙で拭い耐えてる子     
秀 子 
 
嫁ぐ日の手紙に父の初滂沱      
八惠子
 
涙腺が老化したのかもろくなる    
元 武
 
老いた今熱き涙の青春想う      
春 幸
 
枕浮く雨台風の恋模様        
泰 子
 
涙もう枯れてしまった女癖      
尚 邦
 
涙の母叱る父より身に染みる     
常 男
 
朝8時いつものドラマこみあげる   
正 治
 
一筋の涙しんみり貰い泣き      
喜八郎
 
今はもう皆濾過されて涙出ず     
楢 子
 
悲しみも少なくなった涙壺       

 
うそ泣きが本当に変わる甘えっこ   
利 子
 
嘘涙甘えた子らに介護され      
松 子
 
手術後のうれし涙にゃ色がある    
初 音



『 茶 』     
熱中症持参のお茶のお裾分け    
秀 子

幸せだ日本茶を飲む異国の地     


ぐっと飲むビールと同じ量のお茶  
正 博

一度だけ茶髪にピアスしてみたい  
道 子

おーいお茶一人住まいが呼んでみる 
春 幸

お茶しよか声掛けられて四十五年 
 利 子

稽古よりお茶の時間が長すぎる  
麗 子

熱い緑茶冷たい麦茶四季の味    
清 子

癌知らぬ母と向き合い新茶飲む   
初 音


『 癖 』     
恐いのは自分を許す悪い癖    
常 男

寝癖ですなかなか取れない顔のしわ
利 子

恋人の癖字を真似て好きと書く  
星 雨

愛すれば癖まで貰い受けて来る  
秀 子

悪い癖美人通れば見てしまう    


生れ付き無くて七癖良し悪しも  
清 子

欠点も癖と思えば楽になる    
迪 世

風呂敷を拡げる癖は親ゆずり   
八惠子

晩酌の癖が疲れを取る薬     
喜八郎

つい癖で出会う人には名刺出す  
常 男

癖付いて位牌と添い寝する 
星 雨

時代変わり貧乏ゆすり良い癖よ  
楢 子

ひと息がつけばヨイショと口癖に 
八惠子

酒癖の悪いところは父譲り    
尚 邦

結構ですその親切は癖になる   
麗 子

爪を噛むと大人やのにと子が笑う 
道 子








七 月二十三日( 日 )
  西成区民センター
      午後 6時
  
宿 題  
歌 う

宿 題  
行 く

互 選 
 汗







   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
2017. 05. 29  
  
   『 花 』

花見時鼻水止まれ花粉症       
勇 司

花粉症苦しみながら時をまつ     
佳 子

最近は近くで花見してる僕      
正 治

花めでる時を楽しむあと幾度     
ミ キ

芍薬の他人の花は美しい       
尚 邦

耐えて小さき草も蕾もつ     
 松 子

花筏川面にゆれて春名残       
勝 丸

美酒に酔い人にも酔うて花疲れ    
道 子

花まつり水盤中に花が舞う      
秀 子

桜散り新緑グッとのびやかに     
八惠子

人いっぱい花もいっぱい白昼夢    
泰 子

花の香がただよう庭に思慕募る    
元 武

早春の流雪溝の隅にたんぽぽ     
利 子

一陣の桜ふぶきに惑わされ      
多鶴子
 
呑み込んでしまわれそうな花の下   
麗 子

花冷えに気を配りつつ惜しむ春    
清 子

   『 遅 刻 』 

死ぬ時は遅刻しながら行きたいな   
  宏

新学期はやくはやくとせかす親   
佳 子

言い訳ももう通じない遅刻ぐせ   
秀 子

にくめんなー常習犯の遅刻者    
多鶴子

言い訳を考えながらバスの中    
泰 子

遅刻する夢に飛び起き時計見る   
勇 司

ああしんど遅刻しそうで気が走る  
清 子

遅刻した方が良い句が生まれ出る  
麗 子

二時間も待ったことある人なのに  
初 音

何食わぬふりして席にそっとつく  
元 武

   『 旅 』

いつの日か豪華客船海の旅    
勇 司

電車遅延おいてけぼりのバス旅行 
迪 世

トランクに思い出話詰まってる  
道 子

旅先の出合い大事に筆をとる   
元 武

海外を旅してわかる国の良さ    
   宏

駅弁を窓から買えたよき時代   
尚 邦

SLの煙りが旅情かき立てる   
勝 丸

煩悩を消し去りたいと四国旅   
秀 子

地図の中たくさん旅して夢さめる 
正 治

マラソンに苦楽の旅の縮図あり  
勝 丸

徘徊を旅終わりネと連れ戻す   
初 音

約束を果たせなかったひとり旅  
秀 子

一人旅くしゃくしゃ地図をにぎりしめ
多鶴子

家が楽一泊だけの旅なのに    
清 子

ハネムーン心の糧に五十年    
喜八郎


六 月二十三日( 金 )
  西成区民センター
      午後 6時
  
宿 題  
 言い訳

宿 題  
 痛 い

互 選  
 出 る



ポスター





   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

2017. 04. 28  
  ふみの会
『 削 る 』

つぎつぎとシャープペン削らなくても
 正 治

かつおぶし母と削った幼き日     
勇 司
 
家計簿に予算削られ無駄しめる   
 清 子

入学卒業食費削っている祝い     
とよ子
 
年金をまた少しずつ削られる     
秀 子

名人の鉋は向こう透けて見え     
尚 邦

老いた今服も倹約医療費に      
松 子

性格が息子に似てる荒削り      
利 子

生きべたが最善つくし身を削る    
麗 子

身を削り命もかける親心       
楢 子

鉛筆の削り方にも出る個性      
初 音

父や子が命削って得た平和      
春 幸

母さんの味噌汁美味い削り節     
道 子

身を削る思いで予算減らしてる    
迪 世
 
無意識に削除していた泣き笑い    
勝 丸

旋盤に言うこと聞かすにらめっこ   
喜八郎

山肌につめ跡残し重機行く      
泰 子




『 入  学 』 

夢一杯希望に燃える御入学     
とよ子

リタイヤの次入学の稽古事     
勝 丸

咲けず散る瑞穂の国の入学式    
麗 子

ほこらしげに制服みせる孫の顔   
元 武

新入生希望で弾むランドセル    
楢 子

卒業は入学となる実社会       


入学の桜満開この至福       
八惠子

入学はすべてが白く開いてる    
正 博

入学のあとが大切諭す絵馬     
常 男

教育の最初の重みランドセル    
道 子

『 白 湯 』 

もてなしの白湯にひらいた桜花  
正 博

朝の白湯グッと飲みほす思い込め 
多鶴子

味のない白湯のみ粋な句を作り  
春 幸

冷えた白湯みたいになった夫婦間 
元 武

断酒する白湯でけなげに花見宴  
喜八郎

朝の白湯三日坊主のダイエット  
佳 子

ポットから色々利用朝ごはん   
正 治

もう白湯のような夫婦でダイヤ婚 
尚 邦

病床に生きて白湯飲むありがたさ 
秀 子

二日酔い胃をなだめつつ白湯含む 
麗 子

白湯便利手抜きご飯の主役です  
秀 子

茶断ちして飲んだ白湯にも味がある
常 男

座って飲む白湯のおいしさ病抜け 
迪 世

白湯でいい飲ましてくれる手が温い
常 男

携帯はミルクと白湯のママ時代  
八惠子




       

五 月二十三日( 火 )
  西成区民センター
      午後 6時
  
 

 

宿 題  
   癖

宿 題  
   涙

 互 選  
   似る




18回A1-4月19日_outiine







   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
2017. 04. 02  

 久しぶりにふみの会、桂子さんから原稿を送って戴きました
のでアップさせていただきます。

『 誇 る 』 宿題

毎日の家族円満こそ誇り      
勇 司

同窓会夫子どもに孫自慢      
道 子
 
誇るもの家族の元気笑い声     
八惠子

オラが村酸素濃度は日本一     
尚 邦
 
勝ち誇る孫の笑顔は宝物      
松 子
 
家系図を自慢している祖父と祖母  
佳 子
 
生臭い誇りをかざす北のドン    
麗 子
 
新時代誇る技術に支配され     
秀 子 

誇るものアニメだけではないのだぞ 
正 博

丈夫さを誇ったこの身どこいった  
利 子
 
病室で完食したと得意顔      
初 音
 
誇らしげに待ってましたと咲く桜  
楢 子
 
母の事誇りに思う里帰り      
迪 世
 
何よりも妻の手料理親ゆずり    
元 武
 
誇るもの特にないけど今がいい   
泰 子
 
終章に誇れるものを一つでも    
清 子

母が居てまあるく家を治めてる   
佳 子


 『 風 』 席題     

春一番早く来い来い老い二人    
喜八郎

風温くコートのボタン留めず行く  
初 音

日本の軽い財布に風が吹く     
勇 司

ふるさとのやさしい風と母がいる  
佳 子

着飾ると風の噂が走り去る     
常 男

はだかの木の桜が春の風を待つ   
泰 子

本年は風向き良いと惑わせる    
八惠子

お化粧し春風吹いてよい香り    
とよ子

老いた背をまだまだやれる風が押す 
春 幸

ふわふわとあの世風にもふかれたい 
多鶴子

強風に風花を見る頬をさす     
迪 世

『 まぶた 』 宿題    

寒風に乾ききってる仁王の眼   
道 子

レンズより瞼に刻むこのシーン  
常 男

まぶた落ち気力で上げて肩がこる 
迪 世

筋力がまぶたの重さ耐えている  
迪 世

絵本読む母の瞼が先に閉じ    
常 男

大セール二重まぶたが五万円   
麗 子

ドライアイ人工なみだに頼る日々 
利 子

お昼すぎまぶたの重さ耐えかねて 
勇 司

下り出したまぶた上げられ目の検査
楢 子

歳月がまぶたの奥に潜んでる   
清 子

付け睫付けて鍛える瞼筋     
初 音

あの場面まぶたの浦にこびりつく 
正 博

まぶた閉じ幼き我が子思い出す  
とよ子

式場にまぶたの下る空気満ち   
多鶴子

アイシャドースイッチオンに切り換える
泰 子

    

       

四 月二十三日( 日 )
  西成区民センター
      午後 6時
  
宿 題 
 旅

 
 花

互 選  
少し




十周年演芸会(修正します)







   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。







       





ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム