2017. 03. 24  
 来島海峡、瀬戸内海中部、愛媛県今治市とその沖の大島と
の間を隔て、水域においては西の斎灘(いつきなだ)と東の
燧灘(ひうちなだ)とを隔てる海峡。

 日本三大急潮の一つ。付近一帯は瀬戸内海国立公園に属し
糸山公園(いとやまこうえん)を初めとする景勝地が点在する。

 また、大島の亀老山山頂の展望台から見下ろす来島海峡の
眺めは動画にてとくとご覧あれ。

 昔から「一に来島、二に鳴門、三と下って馬関瀬戸」と唄わ
れるように、潮の流れが速く、海の難所として知られている。

 海峡は間に存する小島(馬島、武志島等)によって、来島ノ
瀬戸、西水道、中水道、東水道の4つの狭水道に分けられる
が、いずれも狭く、また大きく湾曲している。

 潮流は速く、加えて小島の影響によりところにより複雑な流
向、流速で、流速は時には10ノットにも達することがあり、瀬
戸内海のみならず全国的にも有数の船の難所だそうです。

鳴門海峡・関門海峡と列び、日本三大急潮です。


 1ノットは、1時間に1海里進む速さのこと。 1海里は1852mな
ので、 10ノット:約18.5km/ h

自転車の時速と同程度の早さなんですね。
ママちゃり15~19km
クロスバイク18~22km
ロードバイク20~25km




[広告] VPS





十周年演芸会(修正します)









   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

スポンサーサイト
2017. 03. 21  
 今までは静止画でしたが、今回より動画にて道後をご紹介し
ます。

 それにしましても道後には、これから数百年は(それ以上)日
本の文学歴史になお残すスターが足跡を残したと言うことは道
後温泉の強みでしょうね、日本の皆様は言うに及ばず、世界か
ら観光客がこれからもおとずれることでしょう。


 道後と言えば夏目漱石の坊ちゃんですな 
 わずか1か月道後にいただけで100年経っても色あせない輝
きを持ち続ける小説を印したと言うことは素晴らしい。

 日本のお札に成った日本が誇る文学者。

「なもしと菜飯とは違うぞな、もし」この一節は有名ですな。


[広告] VPS




三日路ふれあい寄席 50







   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

2017. 03. 20  
 四国の文人
   正岡 子規をご紹介


5 





  正岡子規 正面からの写真。




 正岡 子規は今から150年前の1867年10月14日(慶応3年9月
17日)にこの地で生まれ - 1902年(明治35年)9月19日)は、11
5年前に亡くなりました。

氏より育ちとはよく言ったものですな!!
子規の親の略歴
 伊予国温泉郡藤原新町(現愛媛県松山市花園町)に松山藩
士正岡常尚と八重の間に長男として生まれた。母は、藩の儒
者大原観山の長女。












4 



   正岡子規の若かりし頃の銅像。











3 観光客や地元の方が利用されています












2 





   天然温泉 足湯。





1





     路面電車 道後温泉駅。




 



6 ・




   では少し散策を・・・・


 温泉街を探索後、湯築城に足を延ばしました、どのあたりに
あるのかご説明いたします。

 JR予讃線「松山」駅から伊予鉄道市内電車「道後温泉行き
」で約20分「道後公園停留場」で降りて戴きますと直ぐのとこ
ろです。




7 













    湯築城跡の案内板。

今から680年ほど前に築城されたそうです建武2年(1335年)
伊予国の守護であった河野通盛の代に築城されたそうです。






 





11 












       湯築城が有ったころの見取り図。











8 




   昔使われていた湯釜。


道後公園にある石造りの湯釜。直径が166.7cm、高さが15
7.6cmという円筒形で、かつては湯口として使われていました。








    
9 



 

      湯釜薬師として祭られています。

  
 天平勝宝年間(749~757)に作られ、正応元年(1288)、一遍
上人の書で「南無阿弥陀仏」と彫られてあります。また、周り
の文字は亨禄4年(1531)に河野通直が天徳寺徳応禅師の温
泉記を彫らせたものといいます。この湯釜は現在の下から湯
が出るものと違い、てっぺんの球の部分から湯が吹き出るよ
うになっています。これは当時は湯が自然に吹き出ていたた
めだそうです。
 この湯釜は全国で最古のもの。県指定の有形文化財とな
っています。



10 櫻の花が満開






     一足早く花見をしてまいりました。







三日路ふれあい寄席 50









   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

2015. 09. 09  
 昔沖縄で、そして今回は石川県で吹きガラス工房を見てきま
した、歴史はそれほど古いとは思いませんでしたが、なんとな
んと吹きガラス技法はとても歴史があるのです、ローマ帝国時
代紀元前30年頃から紀元4世紀までのローマ帝国時代、「吹
きガラス]という技法」新しい製造技術が発明されたそうです。



[広告] VPS






 現代でも行なわれている方法、鉄パイプの先に溶かしたガラ
スを水飴のように巻き取り、息を吹き込んで風船のようにふくら
ませて成型する方法で、今回見ていただいた製昨の仕方が、世
界中で受け継がれている基本的なガラス製造方法なんです。



 1300度の窯の中で溶けたガラスを、パイプの先に付けて吹き
ながらコップやお皿を作るんですね、見ていると簡単ですが熟
練者がリードしてくれるので誰にでもできそうです。
旅の思い出でが詰まったガラスの容器、世界でたった一つとな
れば何時までも大切にしていることでしょう。





   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

2015. 08. 20  
 旅をしまして温泉に浸かり、夕食を戴くいや最高ですな!!

一人暮らしだと、お買い物そして料理、食事の後片付け、そ
れを考えると食べるのが・・・・・・
然し腹が減っては戦どころか眠ることも出来ないと三度の食事
を二度で済ませています(たまには3食戴くことがありますが)

 上げ膳据え膳は極楽極楽、女性の方が申されるのが昨今よく
理解できるようになりました。


[広告] VPS








   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム