FC2ブログ
2019. 05. 16  
DSC00198.jpg




梼原の土地に第二の人生を考え永住するのも選択肢に加えてください

第二の故郷に最適な地だ思います。
皆さんが思うほど疎化していません、385号線でカルスト台地に行くまでに民家が結構あり永野地区が営業しているお店が2軒もありそこそこ、お店にお客さんが訪れています。

カルスト台地にはこれから夏にかけて大勢の観光客が訪れるでしょう。
毎年夏は史上初の暑さ、我々が子供のころから見ればこれでもか、これでもかと昼も夜も耐えられない暑さです。

そこから比べれば、何分都会の熱帯夜がうそのような涼しさ(平均気温 7月23.8度 8月24.1度)夜になり雨戸を開けるとそこは誰にも邪魔されない自分たちだけの天空の楽園 日本一の星空ナイトショーが楽しめます。

都会では100万ドルの夜景ですが、当梼原は100万ドルの星空ナイトを楽しんでそのまま家で熟睡朝の目覚めは最高でしょう。
余裕が出来て民泊などされるのも、動画でカルスト台地をご紹介、夜は100万ドルの星空をご紹介も手作り感があって良いでしょう後は美味しい、鶏料理、地元ではアマゴ、清流の魚なども手に入るので都会では味わえない素敵な手作り料理でのおもてなし!!!



[広告]






DSC00167.jpg



四国カルスト
愛媛県と高知県との県境に位置するカルスト台地。
東西が25kmと、日本最長のカルスト台地といわれています。
標高が1400m内外と日本でも高所にあるカルスト台地で、草原には牛が放牧されて、アルペン的な光景を展開しています。
東から天狗高原、五段高原、姫鶴平、大野ヶ原と続いています。
このカルスト地形を縦断するように愛媛県道・高知県道383号(四国カルスト公園縦断線)が通っており、日本一の「カルストドライブ」を楽しむことができます。



   このブログに投票と書いた処を
 クリック宜しくお願いします。
スポンサーサイト



2019. 05. 11  
DSC00187.jpg


  98万円で購入可能坪単価7.000円

土地付き家屋 車庫&ビニールハウスの総面積は464..93平米有ります、坪数に換算しますと140坪日本の平均的な坪数は35~40坪程度なので3.5軒分(40坪として)あるのでゆったりしていると思います。

住居の周辺に、田や畑があるので目が行き届き、野菜などの育成には万全を期すことが出来るでしょう。
動物然り、植物然り目をかけるか、掛けないか、正直なもので結果に現れます。
私が若いころ職場の先輩で半農半業ではなく、半農半サラリーマンをしている人がつくづく言っていたのは、人間は裏切るが植えた植物は手をかければかけただけ収穫時に成果を表すと言っていました、今から50年も前に聞いた話ですが未だに覚えています。



    この広さだと動物性たんぱく質はばっちり確保




合鴨飼育で無農薬という事で、もう一歩進めて、ドジョウもタニシも加えましょう。
私が子供のころ、活きたドジョウを目の前で割いて売っていたのを覚えています、かば焼きにして食べると美味しくいただけましたが割くことをしないでそのままゆでると小さいどじょうなら良いのですが大きいドジョウだと丸のみが出来なく泣いたことを思い出しました、今思えば栄養を子供に付けてやろうと思う親心だったんですネ。

日当たりが良いと植物性のプランクトンが発生しやすくなり、植物性のプランクトンが増えると自然に動物性プランクトンも増えドジョウの住みかとして良い環境と言えるでしょう。
「日当たりが良い土地」は水温も高くなるので成長も早くなり丈夫なドジョウが育ちます

たんぼの水を抜く時にはどじょうを生け捕りにして、来年の為に取っておきましょう。

ドジョウは北海道から沖縄まで全国どこにでも生息する淡水魚で栄養価も高く農薬を使わなければ死ぬことはないようです、特別餌をやらなくても田んぼの中からミジンコやイトミミズ等の様々な生物が食べて育ちます。
ドジョウの遊泳で水が攪拌され、成長過程で出る排泄物などが有機肥料にもなることから、農薬や化学肥料の使用を抑えるだけではなく、単位面積あたりの米の収量が増えるとも言われています。


タニシは農薬に弱く、現在はどんどん数が少なくなっていますが、地元の古老に聞きますと昔程いないが未だいることは要ると言っていました、綺麗な水で泥を吐かせ湯がいて佃煮にすると、しこしこ感がすこぶる良くて60年以上前に親類のおばさんに頂いた食感が未だに覚えてます、是非とも後世に伝えたい日本の田舎の食文化です。


お問い合わせは
    mmm9061@castle.ocn.ne.jp
お気軽にお問合せ下さい。


   このブログに投票と書いた処を
 クリック宜しくお願いします。

2019. 05. 10  
[広告]



日本三大カルスト台地四国編


地表に露出した石灰岩が雨水などで浸食されて誕生した地形、日本各地にこの石灰岩地帯はあるのですが、日本三大カルストと呼ばれる、有名な秋吉台(山口県美祢市)、四国カルスト(愛媛・高知県境の四国脊梁脈)、そして平尾台(福岡県北九州市)。

今回ご紹介するのは、当98万円の土地付き住宅から30分足らずで行ける、四国カルスト(愛媛・高知県境の四国脊梁山脈)です
夏でも寒い時があり、朝夕はセーターが欲しいです。

インスタ映えする風光明媚な素晴らしい高原で都会でのストレスを吹き飛ばし明日へのエネルギーを充電してください。
美味しい空気に美味しい乳製品を満喫出来れば良いんじゃありませんか。


   このブログに投票と書いた処を
 クリック宜しくお願いします。
2019. 05. 08  
DSC00191.jpg


  農薬を使わずに、カモの手助けで、草取り、害虫駆除
上記のたんぼはお日さんが朝から晩まで照り付け最高の田んぼです、合鴨農業、ドジョウ飼育、タニシも育てましょう。

アイガモたちは自分のエサとして雑草や害虫を食べてくれる上、水田の土や水をかき回して酸素を補給し、おまけに稲の養分となる糞まで撒いてくれます。除草剤・殺虫剤といった農薬を使う必要がなく、安全でクリーンなお米が収穫できるのです。
アイガモを放す前に準備として田んぼの周りにネットを張り、出来れば電気柵を設置すると外敵からカモを守ることが出来ます(しかし家の横なので夜になると囲いにいれば経費節減になります)。

稲の生長とともに、アイガモたちもスクスクと大きくなります。雑食性のアイガモは集団で水田内を泳ぎながら、ウンカなどの害虫や雑草の芽などをせっせと食べ続け、排せつは物は田んぼの肥料になり美味しいお米がとれます。

いよいよ稲が大きくなり穂を付ける頃、田んぼでのアイガモの定年です。稲の穂は人間も大好物ですがアイガモも大好物。水抜きと同じ頃にお引越ししていただきます。
水田で働くアイガモはヒナでなければなりません。成鳥は体が大きすぎるため、稲を倒したり、食べてしまう恐れがあるからです。そのため、その年に一生懸命働いてくれたアイガモは、稲作の時期が終わると、鴨肉にして処分されま
平地に上がったアイガモに、野菜や麦、小米、米ぬかなど栄養バランスの整った食事を与え、1か月~2ヶ月間特別食を与えて育てるとおいしいカモ肉になります。

アイガモは、鴨肉として美味しくいただきます。
  
    想い出
昔法善寺横丁に醍醐と言うお店がありまして、其処でカモのたれ焼き(海賊焼き)塩焼(山賊焼き)を南にでたら必ず食べていました、醍醐の店はあるのですがカモ料理は有りません、もう一度食べたい味です。



   このブログに投票と書いた処を
 クリック宜しくお願いします。
2019. 05. 06  
DSC00103.jpg



    

一生に一度は訪れたい絶景として人気を誇る世界遺産マチュピチュ
の雲海が一年に何度でも見られます、竹田城の雲海此処も中々見られません、余程運が良くなければ窓を開ければ家の中からすぐそこにての届く距離に。







98万で家を購入、少し家屋を手入したいところです。

トイレ、炊事場、風呂場に120万円改装費をかければそれなりに快適に生活出来ると地元の業者は話してておりました。

もう少し綺麗にしようと思えば内装に300万円かければ、天井、たたみ、壁などもリホーム出来るそうです。

おおよそ500万出せば気持ちの良い田舎で自給自足生活ができそうです、レクサス NX、トヨタ・マークX 1台のお値段です。

定年後田舎の家をおじいさん、お婆さんが購入すれば子供たちや孫たちも夏休みに避暑に行けます。
子供達ももいずれは定年になります、その子たちが住んで孫が住んで・・・・・
子々孫々続けば安い買い物です。


DSC00096.jpg




DSC00097.jpg





DSC00098.jpg




DSC00099.jpg





DSC00100.jpg



DSC00101.jpg



DSC00102.jpg










家の前に日当たりの良い田んぼがあります、100%目が届くのでとても素晴らしい事です(写真参照)、又敷地内にハウスの骨組みが有るのでビニールハウスも簡単にできます「野菜や果物を作れば食卓が賑わう事でしょう」、軌道に乗れば年金は使わずとも充実した生活が出来るでしょう、卵やヤギ乳も販売できそうです(許可を取れば)夢が広がる田舎生活です。



高知県梼原永野 地域は働きものだと、男性、女性仕事はありそうです(観光施設が沢山あります)
但し春から秋まで働き口は有りますが、冬は雪があってダメです。



DSC00191.jpg


    200k収穫(平均的な収穫量)できるたんぼ

一反で取れる米の平均収穫量です。
だいたい玄米で420kgくらい。精米をすると1割ほど減りますので、白米では約380kgくらいの収穫量。日本人の一人当たりのお米の年間消費量は約64kgですので、一反の広さの田からは、おおよそ5~6人が1年間に食べるお米が収穫できることになります。

一反(=300坪)の水田で取れる米の量が一石。
一石というのは一人の人間が1年(360日)に食べる米の量を基準として定めた単位だそうです。
昔は収穫率が悪かったんですね。




   このブログに投票と書いた処を
 クリック宜しくお願いします。
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 西成区 区内では三日路ふれあい寄席も認知度を上げてまいりました。
多くのご来場いただくお客さまのお陰、そして素敵な芸を披露してくださる演者さんのお陰、それを陰で支えて下さるスタッフ一同のお陰です。

 演者も、スタッフ一も共に高齢者&後期高齢者になり後何年続けられるか・・・・・
若手を募集しますので、興味のある方はご連絡ください。


これより下部の文章が削除できません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム