2011. 11. 30  
11月26日(土)三重県の松阪市であった第15回「田舎の落語会」
~最終回へ行ってきました。

田舎チラシ-s

この落語会は、桂米二師匠が世話役として40才の頃に始まった落語会だそうで、その名の通り松阪市と言っても旧三雲町ののどかな田舎町で年一回の開催ながら15年も続いてきましたが、残念ながら今回が最終回となるそうです。

CIMG1967-s.jpg
【会場の松阪市ハートフルみくも・保健福祉センター】


CIMG1972-s.jpg
【会場入り口~米二ファンにはお馴染みの幟が・・・・】


CIMG1976-s.jpg
【世話人さんによって既に立派な高座が完成】


CIMG1983-s.jpg
【開演前の客席~老若男女ですでに満席状態】


定刻の午後一時に開演。

      《 番  組 》

   桂  優々  「普請ほめ」

   桂  二乗  「癪の合薬」
   
   桂  米二  「不動坊」

       ~中入り~

   桂 よね吉  「ちりとてちん」

   桂  米二  「崇徳院」
   

 いつもは、米二師匠が二席とゲスト二名の番組だったらしいのですが、今回は最終会と言うことで一名余分に呼んだとか。よね吉さんがまくらで、その余分な一人は私ですと言って笑いをとってました。
前座の優々さんからよく受けていて、二乗さんがすっかり得意ネタに仕上げた「癪の合薬」も絶好調。
よね吉さん久しぶりにかけたという「ちりとてちん」は本日一番のバカうけ。しかし白菊を飲む場面で客席から手が来たのにはちょいとビックリ。いや地元の皆さん純朴ですなあ。
 主役の米二師匠は、最終回ということで「不動坊」「崇徳院」というわかりやすいお馴染みのネタ二席を披露、貫禄の高座で客席を魅了しました。


CIMG1985-s.jpg
【続いてお楽しみ抽選会~出演者のサイン色紙と寄書き】

CIMG1988-s.jpg
【終演後・よね吉さんと三味線の大川さん~お疲れ様でした】



CIMG2006-s.jpg
【番外編~打上げで餅つきに挑戦中の優々さん】

晩秋の休日、まる一日がかりの落語会参加でしたが、秋晴れの好天に恵まれ遠足気分満喫の一日でした。
いつも大阪近辺中心の落語会めぐりですが、たまには遠出もいいもんですな。(嫁のあきれ顔は別として・・・)







クリックしていただくと、ランクアップします。
応援よろしくお願いします。

にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村

特養ローズ2
http://www.taiyou-net.com/view.php?no=619771

スポンサーサイト
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム