2014. 11. 25  
「松 曳 き」
殿さま
「ナンジャ? 間違いじゃ? けしからんやつ。いかに粗忽とは
申せ、武士がそのようなことを取り違えて相済むと思うか」
「うへえ、恐れ入りました。この上はお手討ちなり切腹なり、存
分に仰せつけられましょう」「手討ちにはいたさん。切腹申しつ
けたぞ」「へへー、ありがたき幸せ」「余の面前で切腹いたせ」

三太夫が腹を切ろうとすると、しばらく考えていた殿さま、「これ
切腹には及ばん。考えたら、余に姉はなかった」



[広告] VPS










 




スポンサーサイト
NEXT Entry
「禁酒関所」 千里家 やん愚
NEW Topics
西成モラロジー事務所 BBQ大会
ふみの会6月例会
第十回ナルク南支部 定時総会 
ふみの会5月例会
帝塚山音楽祭に行ってきました。
今回は今の二色浜に行ってきました。
 ふみの会四月例会
西成区民民踊研究会
第19回三日路ふれあい寄席 ⑨
OSAKAビッグリバージャズ2018 「3」
OSAKAビッグリバージャズ2018 「2」
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑧
古印亭 勝丸師匠
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑦
OSAKAビッグリバージャズ2018
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑤
第19回三日路ふれあい寄席 ④
第19回三日路ふれあい寄席 ③
三日路ふれあい寄 ②
第19回三日路ふれあい寄席 開催 ①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 月日の経つのは早いですな
来年は、早十一年目光陰矢の如しとよく言いますが。
 調べて見れば

 「月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという事を言っているのですが、早 後期(好機)高齢者になりました、意味を知るのがが遅かった。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム