2014. 12. 18  


 昨日の、前回一回目の集合写真と今回の模様の動画で大体
の雰囲気が伝わっているかと思いますが、今回は前回の2~3
倍の参加者で、会場の事務所も入りきれないほどの人たちで近
鉄だけに、“満員電車”並みでした。

  ハルカスの「街ステーション」というお客さんのための憩いの
スペースで、お客さん同志で楽しめる「縁活(えんかつ)」という
ボランティアのグループたちや趣味の会の発表や展示などの
イベントに参加している人たちの交流会の様子を報告します。

  会場はハルカスに近い、とあるビルの中の街ステーション
縁活事務所で、参加者は参加費500円と一人一品差し入れ
を持ってくるという条件でした。



1 事務所での手作り「立食パーティ」







      <1 事務所での手作り「立食パーティ」> 





2 参加者は一品差し入れを持ってきます





      <2 参加者は一品差し入れを持って来ます>


 誰が誰やら、またどのグループやら分かりませんので、入場
と同時に“証拠写真”を撮ります。




3 証拠写真をパチリ






      <3 証拠写真をパチリ! >

  そこそこ人数もあつまってきましたので、とりあえず指名さ
れた人が一応挨拶をし、ビールで乾杯して会がスタートしまし
た。




4 いよいよスタート!






      <4 いよいよスタート! >

  前回のスルメやせいぜいから揚げのつまみばかりでなく、今
回はにぎりずしや各地の名物なども持ち寄られ、結構うまいもの
が集まりました。
  ビールや発泡酒だけでなく、いろんなお酒やワイン、焼酎もあ
りました。





5 かなりうまいカツサンド





      <5 かなりうまいカツサンド >

  はじめは仲間うちで飲み始めますが、だんだんと盛り上が
ってきますと知らぬ同志が話し始め、名刺交換などが始まりま
す。




6 わが笑運会の会長や副会長のN氏も始動します






  <6 わが笑運会の会長、副会長のN氏も始動します >

  話しはじめると参加者は老若男女ともみな個性的で前向き
なことが分かります。


  会長は次の落語会のお茶子に出ても良いという可愛いいリ
サちゃんを発掘しました。聞いてみると、うちの姉が通っていた
樟蔭大学女子大学の学生だそうです。




7 老若男女、でも皆個性的で前向き






      <7 老若男女みな個性的で前向き! > 

 男前の彼は弁護士をめざしているそうで話すこともしっかりしていました。
 



8 中身が風貌にあらわれます、弁護士をめざす彼






   <8 中身が風貌にあらわれます、弁護士をめざす彼。> 

 会場もだんだんと人が多くなり、お互いの話も盛り上がって
きているようです。わたしもいろいろの人と名詞交換をしてみて
自分の名詞が無個性で工夫していないなぁ、と反省しました。
 




9 だんだんと盛り上がってきています





      <9 だんだんと盛り上がってきてます>




10 街づくりプロジェクトの専門家H氏とI氏






 <10 街づくりプロジェクトの専門家のH氏とI氏 >

  この会の会社側の責任者のI氏は御自分も流れに沿いな
がら、何か問題はないか、どお工夫すればよいか考えている
ようです。





11 この会の責任者のI氏





      <11 この会の責任者のI氏 >

  ある初老の方と話始めると、実は大阪大学の先生で、この
街ステーションの縁活プロジェクトのコンシェルジュ(顧問?)
だそうで生物学がご専門だそうです。


  こちらが落語会をやっています、と自己紹介すると、笑いは
健康に良い、自分は人間が下肢(かし=下半身、足腰)を鍛(き
た)えると、ストレスに対抗できるシャテロン蛋白が発生すること
を発見したんです、とおっしゃっていました。





12 「縁活」の仕掛け人である阪大の久保井先生





      <12 阪大名誉教授の久保井先生 >

 
 





 






   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
スポンサーサイト
NEXT Entry
☆大阪城3Dマッピング スーパーイルミネーション☆
NEW Topics
西成モラロジー事務所 BBQ大会
ふみの会6月例会
第十回ナルク南支部 定時総会 
ふみの会5月例会
帝塚山音楽祭に行ってきました。
今回は今の二色浜に行ってきました。
 ふみの会四月例会
西成区民民踊研究会
第19回三日路ふれあい寄席 ⑨
OSAKAビッグリバージャズ2018 「3」
OSAKAビッグリバージャズ2018 「2」
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑧
古印亭 勝丸師匠
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑦
OSAKAビッグリバージャズ2018
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑤
第19回三日路ふれあい寄席 ④
第19回三日路ふれあい寄席 ③
三日路ふれあい寄 ②
第19回三日路ふれあい寄席 開催 ①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 月日の経つのは早いですな
来年は、早十一年目光陰矢の如しとよく言いますが。
 調べて見れば

 「月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという事を言っているのですが、早 後期(好機)高齢者になりました、意味を知るのがが遅かった。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム