2015. 01. 20  
 男の手料理と謳っていますが、捌くのは素人はできないので
専門家にお任せしました。 


 次はメイン料理のフグなのですが、午前3時に何時も買う片保
さんに電話したところ、今日は天然はないということでした。





1


     

      1k320gの養殖トラフグ。
















        いよいよ解体 まないたショウー















  尾っぽ、ひれなどをばらされ、さえずりを一刀両断。








border=





      目がこちらを睨んでいます?


















       因幡の白ウサギ、皮をむかれて丸裸。











border=




   ここが一番毒が潜んでいる内臓箇所です。









border=




        手前が白子です。






border=



     皮をしごいて食べれるように加工
          是が大変難しく旨いまずいに
                       関わります。



















   目にも留まらぬ早業で刺身包丁を使いこなします。










border=



 
      この作業が一番手間のかかる一番
               職人の腕が問われる作業。









border=



       一通りの作業が終了。    




border=






    
    1k320g有ったフグが可食部分が899gになりました。













        白子の目方正味208g










       柵にしてもらったテッサ(早い話がお刺身)













      ひれ酒にするためまな板
          に載せ四五日天日干し。 




 フグを戴きますと、幸福になると言う事を聞いた事はありませ
んが・・・
口福になることは間違いありません。
寒い日には熱燗でフグ鍋を戴き口福になろう。

 フグの呼び名は幾つかありますな、「キタマクラ」「テッポウ」「
トミ」などがあります。
 
 フグはひょうきんな顔をしていますが、内臓や卵巣に数十人
の命を奪う猛毒テトロドトキシンを持っています。
死人を意味する「キタマクラ」はフグの怖さを強調したもの。「
テッポウ」は「当たると死ぬ」に引っかけています。

 フグの刺し身「てっさ」は「テッポウの刺し身」の略。「てっちり
」は「テッポウのちり鍋」ということです。
 江戸時代の富くじにちなんだ「トミ」。現在ならさしづめ宝くじ
とつけたでしょうね、「なかなか当たらない」と言うのですが、調
理次第で大当たり。









   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

スポンサーサイト
NEXT Entry
今日はふぐ料理 天然&養殖 食べ比べ(天然の巻)。
NEW Topics
新・わくわく町中散策 (第一回) ④
新・わくわく町中散策 (第一回) ③
新・わくわく町中散策 (第一回) ②
新わくわく町中散策(第一回)
天保山 浪速食いしん坊横丁 「ぶらり散策」
続 マジェスティック・プリンセス号(動画でご紹介)
マジェスティック・プリンセス号の出航を見学してきました。
川柳ふみの会 6月例会より
昨日行ってきました「舞洲 ゆり園」のご報告
ナルク大阪南「いちょうの会」第九回総会
十周年 三日路ふれあい寄席 小野力箭先生
十周年記念演芸会 総集編(写真で ご紹介)
十周年 三日路ふれあい寄席 「あだっちゃん&カンちゃん」
十周年記念 三日路ふれあい寄席 古印亭 勝丸師匠
十周年記念演芸会 ヤス・プリンナー師匠
三日路ふれあい寄席 天満家 哲ちり師匠
十周年記念演芸会 井筒家 磯七師匠
三日路ふれあい寄席 十周年記念落語会 高大家 緑生師匠
三日路ふれあい寄席 猪名川亭 喜真理 「赤とんぼ」三枝昨上映
三日路ふれあい寄席十周年記念当日がやってきました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム