2015. 02. 26  

 


      高津神社。


 毎年この季節になりますと出かけるのが高津神社参拝と、隣
合わせの公園にある梅林です。

 結構な本数が植えられていて見応えがあります、ここから大
阪城梅林に行くのが恒例になりました。

 これから、梅、櫻、五月、何れあやめか杜若、薔薇、紫陽花
ラベンダー続きは・・・・・

① 花が可憐である(寒さに耐えて咲くのが良いですな)
   皆さん静かに鑑賞されるのがグ~

② 梅林では良い香りがする(風向きでは、行くまでに香
ってきます)
③ 梅干しが好きである(花梅と実梅があるそうです)
④ パット咲いてパット散らない(結構鑑賞期間がある)

 日本て良いですね、四季おりおり綺麗なお花があり、美味し
い「旬魚旬菜」に恵まれ平和で本当に日本人は幸せだと感じ
る今日この頃です。







     毎年これますようにと本殿にご挨拶。






border=



 
     なんと言いましても、仁徳天皇の詠まれた句が有名。



  高き屋に のぼりて見れば煙立つ 民のかまどは賑わいにけり
     
     詠まれ場所がここなんです。




border=




       その名も仁徳庭園。







border=




     こじんまりした庭園でした。




border=




       滾々と清水が湧いています?
      









      小川?に橋がかかりその下を水が流れています。




border=




     高津神社と言えば、落語の高津の冨くじですな。






border=



     五代目桂文枝師匠の、碑が建てられています(碑の裏側)





10_20150225110628c17.jpg









border=




   毎年この時期になりますと、高津神社横の公園
               大阪城の梅林に行くのが恒例です。




border=



     これからが見ごろですな。





border=





    沢山の梅の木が植えられていい香りがしますよ。





14 border=





     イタリア人の方が自慢されていました
         日本に1台と言う事で45万円也、目方は9㎏。






border=



      メーカーが かかれています。









   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

スポンサーサイト
NEXT Entry
 「ふみの会」  二 月号
NEW Topics
  死ぬまで生きたれ!!
西栄寺 「訪問記」 ②
西栄寺 「訪問記」
角野お茶屋(皆さん地産地消で地域を盛り立てよう)
ふみの会 三月例会
浪速も春が一杯!
フラワー・デイズ・ナオ(1級フラワー装飾技能士の店)
三日路ふれあい寄席 【5】
三日路ふれあい寄席 【4】
三日路ふれあい寄席 【3】
三日路ふれあい寄席 【2】
お彼岸法要 正信寺 【1】
三日路ふれあい寄席 ポスター2組(A1&A2)完成しました。
ふみの会「二月例会」
織田作之助賞 第二部 パーティー
第19回三日路ふれあい寄席 ポスター完成
第34回織田作之助賞
ふみの会 1月例会
ナルク新年会 1月14日 
ふみの会 12月例会
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 月日の経つのは早いですな
来年は、早十一年目光陰矢の如しとよく言いますが。
 調べて見れば

 「月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという事を言っているのですが、早 後期(好機)高齢者になりました、意味を知るのがが遅かった。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム