2015. 02. 28  
 大阪はええとこでっせ!!

 奈良や京都に行きますと大概の神社仏閣は有料ですが、大
阪は無料の処が多いです。

 今回、ご紹介する高津神社の舞台。
 仁徳天皇(五世紀前半)が庶民の暮らしが困窮しているのを
見かねて租税を3年間免除されそれが功をそうして暮らしが良
くなり「高き屋に のぼりて見れば煙立つ 民のかまどは賑わい
にけり」
と詠まれて今も教科書掲載されています。

 日本国が有る限り、永久に語り継がれていくことでしょう。

 このような指導者の子孫である事が、今の日本の隆盛に繋
がっているのでしょう。

 喜寿になり日本の良さがしみじみ判るようになり
   幸せだと思っています。



[広告] VPS










   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

スポンサーサイト
NEXT Entry
大阪城の梅林は今週からみごろでしょう。
NEW Topics
  死ぬまで生きたれ!!
西栄寺 「訪問記」 ②
西栄寺 「訪問記」
角野お茶屋(皆さん地産地消で地域を盛り立てよう)
ふみの会 三月例会
浪速も春が一杯!
フラワー・デイズ・ナオ(1級フラワー装飾技能士の店)
三日路ふれあい寄席 【5】
三日路ふれあい寄席 【4】
三日路ふれあい寄席 【3】
三日路ふれあい寄席 【2】
お彼岸法要 正信寺 【1】
三日路ふれあい寄席 ポスター2組(A1&A2)完成しました。
ふみの会「二月例会」
織田作之助賞 第二部 パーティー
第19回三日路ふれあい寄席 ポスター完成
第34回織田作之助賞
ふみの会 1月例会
ナルク新年会 1月14日 
ふみの会 12月例会
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 月日の経つのは早いですな
来年は、早十一年目光陰矢の如しとよく言いますが。
 調べて見れば

 「月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという事を言っているのですが、早 後期(好機)高齢者になりました、意味を知るのがが遅かった。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム