2015. 04. 07  
 「あおによし奈良の都は・・・」というように、緑の「あお」と
「に(丹)=朱(しゅいろ=オレンジがかった赤)」がとてもき
れいな春日大社ですが、外の昔風の建物も落ち着いてい
てきれいです。



14 関連施設は落ち着いてこれまた美しい







      <14 関連施設も落ち着いてうつくしい >  




  公園のほうに出てくると中国の女性グループが鹿に餌の鹿センベ
イをやっていました。みな楽しそうです・・・。




15 鹿にセンベイをやる中国の女性たち






      <15 鹿にセンベイをやる中国の女性たち>



16 みな日本を十分楽しんでいるみたい・・・







      <16 みな日本をじゅうぶん楽しんでいるみたい>





  その様子をまだ人間に慣れていない小鹿が隅のほうからのぞいて
いました。




17 小鹿が自動販売機の横からのぞいています





    <17 小鹿が自動販売機の横からのぞいています >

  このあと国立博物館に向かい、仏像や画像、古文書など仏教美
術を見学しました。

 が、館内は撮影禁止でご紹介できません。

  しかしその裏に日本庭園と、横には博物館の付属施設、日本仏
教資料研究センターがあり、桜とマッチして、とても美しい景色をた
んのうしました。



18 さくらを撮りまくる面谷君







      <18 さくらを撮りまくる面谷くん >



19 美しい里山を連想させる茶室






      <19 うつくしい里山を連想させる茶室>


 博物館の裏にはこぶだらけの木があったり、人造ながら小川ふうの
水音が楽しめる側溝があり、茶室につながる小さな池もあって心がな
ぐさめられます・・・。



20 めずらしいおおきなコブだらけの幹の木







      <20 めずらしいこぶだらけの幹の木>


21緑の中の桜はよろしいなぁ・・・






      <21 緑の中の桜はよろしいなぁ・・。>


  日本仏教美術資料研究センターは明治時代の建築様式でとて
も上品な建物です。



  さくらともマッチしていて春のこの時期にふさわしいムードをかもし
だしてくれています・・・。




22 仏教美術資料研究センター






      <22 仏教美術資料研究センター >



23 前面から見た研究センターと枝垂桜






     <23 前面からみた研究センターと枝垂桜 >




 よく手入れされていて、管理も十分なので、どの方向から見ても「古
都」の名前にふさわしい風景が楽しめます。
 



24 資料研究センターの中庭






       <24 資料研究センターの中庭 >
 



25 美しい枝垂桜 






       <25 美しい しだれ桜 >
 


 今年で16回目の三日路ふれあい寄席のポスターが出来上がりまし
た。


 今年で8年目の笑運会主催の三日路ふれあい寄席数えること16回
目になります。地域の皆さんの応援で迎えられることにメンバー一同
喜んでいます。

 今回も漫談そして落語、かっぽれ、どじょうすくい、手品、音マネパー
フォマンスとバラエティに溢れた内容で皆さんに楽しんでいただきます。



        1_20150404170607fd9.jpg











   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
スポンサーサイト
Twitter RSSフィード iGoogleに追加 MyYahooに追加 はてなブックマークに追加
NEXT Entry
吾輩はお暇君 思うこと 統一地方選で 先人に。
NEW Topics
西成モラロジー事務所 BBQ大会
ふみの会6月例会
第十回ナルク南支部 定時総会 
ふみの会5月例会
帝塚山音楽祭に行ってきました。
今回は今の二色浜に行ってきました。
 ふみの会四月例会
西成区民民踊研究会
第19回三日路ふれあい寄席 ⑨
OSAKAビッグリバージャズ2018 「3」
OSAKAビッグリバージャズ2018 「2」
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑧
古印亭 勝丸師匠
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑦
OSAKAビッグリバージャズ2018
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑤
第19回三日路ふれあい寄席 ④
第19回三日路ふれあい寄席 ③
三日路ふれあい寄 ②
第19回三日路ふれあい寄席 開催 ①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 月日の経つのは早いですな
来年は、早十一年目光陰矢の如しとよく言いますが。
 調べて見れば

 「月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという事を言っているのですが、早 後期(好機)高齢者になりました、意味を知るのがが遅かった。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム