2015. 08. 14  
  昨年も取り上げましたが、目の前の


 町会の公園に、酔芙蓉(すいふよう)という花の木があります。

  不思議な大ぶりの花で、朝のうちはめしべの回りは真紅の
色をしていますが、全体は白い花で可憐な感じさえします。



1 朝のうちは白い装い







     <1 朝は白い装い・・ >


2 朝の酔芙蓉「すいふよう」






      <2 朝の「酔芙蓉(すいふよう)」>

 今の時期に沢山の花を付け、早朝の白の色から昼にはピン
クがかり、夕方にはすっかり薄紅色になってしまいます。



3 夕方の酔芙蓉「すいふよう」







     <3 夕方の「酔芙蓉」 >


  残念ながらわが妹は中年の50代で病を得て亡くなりました
 7月の中ごろで、正信寺さんは釈芙蓉(しゃくふよう)という戒
名を付けてくれました。
   



4 妹の若かりし頃








      <4 若かりし頃の妹 >

  本人が結婚する年で、私自身も結婚した前年の29歳の年
、60人ほどのシューズ業界のヨーロッパ業界視察団に加わっ
たことがありました。

  今年の7月はじめの頃、この三日路ふれあい寄席のブログ
で、帝塚山音楽祭での「フラメンコの踊り」の説明のところで、ス
ペインのアンダルシア地方のジプシー芸能と流していましたが
よく調べると自分たちが行っていたところだと分かりました。




5 華麗な舞踏 A






      <5 華麗な舞踏 A >


  地中海に面したスペイン南部の地域で、オリンピックが行わ
れ、ガウディ建築のサグラダ・ファミリア(聖家族)教会で有名な
バルセロナから陸路で200キロほど北西にいったコルドバとい
う小都市が真っ只中にある地域です。




6 華麗な舞踏 C 






       <6 華麗な舞踏 C >

  フラメンコや闘牛などは時間の関係で見ることは出来ませ
んでしたが、現地にある靴工場などを見学しました。近くで遊
んでいる子供たちは裸足でした。

 昼食のとき、レストランの店長が大きな銀の皿にのせたパエ
リア(洋風焼き飯)を自慢していましたが、いざ食べるとカレー
のように右近で黄色く染められた米がオリーブ油でべたべたし
て、せっかくのバカ貝やエビ、鶏肉などの具ももうひとつおいし
く感じられませんでした。

フランス、イタリア、スペイン、イギリスと回ったのですが、ロンド
ンでシェークスピアの「オセロ」というドラマを見にホテルからタ
クシーをチャーターして行きました。

  劇場で着席したとき、妹が「なぁ、マーちゃん、見てみ、周りは
外人ばっかりやで・・・。」と小声で言うので、「なに言うてるねん
ここでは僕らが外人なんやで・・・。」と言う始末。

  脚色は悲劇にもかかわらず、現代の迷彩服の兵隊にカービン
銃などをもたせてあばれさせて、中東戦争を皮肉るようなコメデ
ィタッチのものでした。










   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。



スポンサーサイト
NEXT Entry
ダイヤモンド片山津温泉ソサエティ(1)
NEW Topics
  死ぬまで生きたれ!!
西栄寺 「訪問記」 ②
西栄寺 「訪問記」
角野お茶屋(皆さん地産地消で地域を盛り立てよう)
ふみの会 三月例会
浪速も春が一杯!
フラワー・デイズ・ナオ(1級フラワー装飾技能士の店)
三日路ふれあい寄席 【5】
三日路ふれあい寄席 【4】
三日路ふれあい寄席 【3】
三日路ふれあい寄席 【2】
お彼岸法要 正信寺 【1】
三日路ふれあい寄席 ポスター2組(A1&A2)完成しました。
ふみの会「二月例会」
織田作之助賞 第二部 パーティー
第19回三日路ふれあい寄席 ポスター完成
第34回織田作之助賞
ふみの会 1月例会
ナルク新年会 1月14日 
ふみの会 12月例会
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 月日の経つのは早いですな
来年は、早十一年目光陰矢の如しとよく言いますが。
 調べて見れば

 「月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという事を言っているのですが、早 後期(好機)高齢者になりました、意味を知るのがが遅かった。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム