2015. 10. 24  
 第59回 西成区民体育レクリエーション大会 (5)をお送りす
る予定でしたが、昨日大阪セレモニーに於いて、第4回いまみ
や 笑運会後援で演芸会を開催されました。

 第4回ということで、お客さんと演芸会が違和感なく溶け込み
始終笑いの絶えることがなく、入場されたお客さん大変満足さ
れていました。


c1



  会場となった大阪セレモニー







c2




   西成出張所責任者も本社でお手伝い






c3



 
どこかの家具やさんと違い大変中の良い親子関係。

 山田愛子社長さんと専務さんが皆様にご挨拶、随分地元の
皆さんと意思の疎通が出来ているのを肌で感じました、やはり
何事も継続が大事なんだと感じた次第です。 





c4


     少しあわてられましたが、すぐに体制を整え
        冷静沈着に・・・・・・・・
      大人の対応、よくできた方です。


 南 武一さんの腹話術アクシデントでテーブルがひっく
り返り、仕込んだネタがパーになりこれはどうなることか
と気をもんだのですがなんとか、持ち時間をクリアーさ
れたのは流石プロー根性。






c5


  あっぱれ、あっ晴れ、 あっぱれ、あっ晴れ  




 珍しい手品と腹話術を合体、なかなか欲張りな企画もし腹話
術がなければ、手品のネタがだめになればショーはお手上げ
腹話術と言う芸が有って、なんとか間が持ちました。

 

c6






  のこぎり演奏でお馴染みの川乃 かえるさん
           今日は落語で勝負されていました。




C7




    南さん色々な芸をお持ちで
        まだまだ隠し玉があるそうです。


 南 武一さん、二回目の登場、泥鰌掬いを披露
これが凝った趣向で、生きた金魚を10匹ほどザルから金魚鉢
に投入お客さん大喜び、そのあと大蛇をほりだし場内悲鳴(笑う)
大いに盛り上がり演者も喜んでおられました。

お客さまの喜びが演者の喜びだと皆さん言われます。






c8








C9金魚を出して拍手喝采




     出番が済んで、やれやれの
         金魚鉢で泳いでいる金魚???

 その後ろは、2Mの大蛇スプリングが入っているので
         リアルに動き皆さんの度肝を抜かれました。








  専務さんもかたずけのお手伝い、ありがとうございます。









c12 






     天満家 哲ちりさん鹿政談
           奉行の名捌きを熱演。
     




c13 




   笑穴亭 秦海師匠の浪曲奇術
      今回はマイクがばっちりはまり OK グー。





c14  







お客さんにネタ晴らし手品のお土産。
なかなか出来そうで出来ないのが手品でおます。










s1border=







   無事に終了でホットされたことでしょう。




s2border=





    昨年も秋祭りの山車がでていました
             あれから1年早いですな~。








   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。


スポンサーサイト
NEXT Entry
第59回 西成区民体育レクリエーション大会 (5)
NEW Topics
西成モラロジー事務所 BBQ大会
ふみの会6月例会
第十回ナルク南支部 定時総会 
ふみの会5月例会
帝塚山音楽祭に行ってきました。
今回は今の二色浜に行ってきました。
 ふみの会四月例会
西成区民民踊研究会
第19回三日路ふれあい寄席 ⑨
OSAKAビッグリバージャズ2018 「3」
OSAKAビッグリバージャズ2018 「2」
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑧
古印亭 勝丸師匠
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑦
OSAKAビッグリバージャズ2018
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑤
第19回三日路ふれあい寄席 ④
第19回三日路ふれあい寄席 ③
三日路ふれあい寄 ②
第19回三日路ふれあい寄席 開催 ①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 月日の経つのは早いですな
来年は、早十一年目光陰矢の如しとよく言いますが。
 調べて見れば

 「月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという事を言っているのですが、早 後期(好機)高齢者になりました、意味を知るのがが遅かった。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム