2016. 05. 14  
1曽祖父

(写真に書いてある説明、写真を受け継いだのが私の母親で
す、母からは父であり、祖父です)

 写真下の段右から二番目が私の祖父で、髭の老人が曾祖
父です、大正7年5月24日(54歳)に亡くなりました。


 私の曾爺は比叡山本覚院で修業をされて聖寿院権律師観
月と言う名前を戴いたと子供の頃によく耳にしました。
 
 今から遡ること60年前に、父と母と姉、そして私と四人で比叡
山にお墓参りに行ったのを覚えています、何しろ半世紀以上昔
の事ゆえ、大した記憶はありませんが3か所ほど写真を見るよ
うに思い出されます。


①お坊さんがここにお墓がありますと案内してくださったこと。
②父親が次回きたおりに目印として、木に鉈で目印を入れた事
③帰り道に長い長い木製の滑り台があった事。

 このような事が写真はありませんが鮮明に脳裏によみがえ
ります。

 あれから60年、父、母、姉は亡くなり私だけになりました
先日仏壇を整理していると母が書き残した一枚の半紙が出て
きました其処に書いてあったのは、比叡山 本覚院 根本中
堂 本覚院で修行されたと書いてある書面それを手掛かりに
今回出かけたのです。




border=




         母が残した書面。





 もう一度あの場所に元気な内に行ってみたい欲望なのでしょうか
なにかしらの力なのか私は出かけたのです。




border=


  大阪駅プラットホームの8番線。





大阪駅8:44分発近江今津行きに乗車、比叡山坂本に出向
いたのです




border="0"


乗車する電車が到着、始発
でないので乗客が乗っていました。




 坂本に降り立ったのは9:35分約1時間足らずで到着。
60年前ならもっと時間がかかったと思います、当時は未だ電化
されていなくて、D-51の汽車だったように思います。





 border=





今津へと電車はホームを離れていきました。





border=






坂本の駅、もちろん当時はこのような
       高架ではもちろんありません。





5 border=





      明日は雨なのか、飛行機雲が表れています。

  出かけたのは5月9日でした。


border=




  歴史ある街ですな、古民家が何軒もありました。






border=






     日吉神社の鳥居。




border=






      ここにも古民家。





border=







     京阪電車、坂本駅。



border=





      古民家風、現代建築。






border=




    
      そばで全国的に有名な日吉そば。 







   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

スポンサーサイト
NEXT Entry
住吉大社て間口も広いですが、奥も深いのですね ①
NEW Topics
新・わくわく町中散策 (第一回) ④
新・わくわく町中散策 (第一回) ③
新・わくわく町中散策 (第一回) ②
新わくわく町中散策(第一回)
天保山 浪速食いしん坊横丁 「ぶらり散策」
続 マジェスティック・プリンセス号(動画でご紹介)
マジェスティック・プリンセス号の出航を見学してきました。
川柳ふみの会 6月例会より
昨日行ってきました「舞洲 ゆり園」のご報告
ナルク大阪南「いちょうの会」第九回総会
十周年 三日路ふれあい寄席 小野力箭先生
十周年記念演芸会 総集編(写真で ご紹介)
十周年 三日路ふれあい寄席 「あだっちゃん&カンちゃん」
十周年記念 三日路ふれあい寄席 古印亭 勝丸師匠
十周年記念演芸会 ヤス・プリンナー師匠
三日路ふれあい寄席 天満家 哲ちり師匠
十周年記念演芸会 井筒家 磯七師匠
三日路ふれあい寄席 十周年記念落語会 高大家 緑生師匠
三日路ふれあい寄席 猪名川亭 喜真理 「赤とんぼ」三枝昨上映
三日路ふれあい寄席十周年記念当日がやってきました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム