2016. 05. 27  
  
  私にも戦争体験があります。ただし1歳半のときで、記憶に
はなく、ズーと後で大きくなってから母から教えてもらって「ふ
~ん? そうやったんか?」と理解したような次第で・・・。

  昭和20年5月20日。私の兄が8歳のとき中国の北部、外
蒙古の張家口(ちょうかこう)で、栄養失調で亡くなったのです。
当時父は出征(しゅっせい)中で、私は生まれたばかりで母は
早く日本へ引き上げる決心をしたそうです。

  それより数年前、国内では経済統制(とうせい)がだんだん
と厳しくなってきて、ゴム工場を経営していた母の兄(栄)とオ
ーナーの大叔父の朝英(あさひで)が満州国に進出すること
になりました。

  張家口という街に工場を建て、現地人をやとって自転車
や荷車用のタイヤを製造していたそうです。

  写真1 は「蒙彊(もうきょう)ゴム工場」という看板
を掲げ、工場開設の記念式典を行なったときの記念写真。
神主さんを呼んできて、神事もおこなったようです。











     < 工場を開設した時の記念写真 >

  母は前列左から4番目の人で腰掛けている。ひざに抱かれ
ているのが私で左は姉で右が亡くなった兄。一番右端の人の
前で立っているのが一番上の姉。

  もう一枚の写真はオーナーの大叔父が内地からやってきた
ときの写真で、前列左端に兄が父のひざの間で立っている。  

      



border=






     < 工場前の記念写真  >

  姉は一番右側で母の兄で社長の栄(さかえ)叔父さんの前
にいる。栄叔父さんの左隣りがオーナーの朝英(あさひで)大
叔父。真ん中で座っている人は現地の偉いさんではないかな?

 母は真ん中の列で左から3番目。とにかく日本人ばかりで映
っている。

   はじめの数年間は皆でピクニックにも行ったとか。
しかしまったく緑の少ない土地で、郊外であるのは柳の木か草
原のようなものだけだったそうです。

   戦争が始まり、戦況がだんだんと厳しくなって、いざ引き
上げる段になると汽車は客車もなく、天井がない貨車しかな
かったそうです。

   いまの時代のような便利なものはない時代ですからわた
しのおしめはお姉ちゃんのランドセルに入れてもらい食料と塩
など持てるだけのもの持って、雨が降ったら降られっぱなしと
いう状況だったそうです。

   何時間も何日も中国の奥地から大変な状況で子供たちを
引き連れ、やっとの思いで朝鮮は釜山(プサン)にまでたどり着
きました。

   ところが一便前の船は敵潜水艦に撃沈されたので、3日
ほど港に足止めされ、掃海で爆雷など取り去ってから夜中の
夜陰に紛れ、日本に向かって出航したそうです。 

   まったく幸いにも敵に見つかることもなく、対馬を越えて
ようやく朝方に島根県沖にたどりつきました。
船のあちこちから「バンザイ!バンザイ!」と歓声がわき起こ
り、祖国の山々をみつめるどの顔も涙と笑顔でくしゃくしゃに
なっていたそうです。

   兄が5月に亡くなって、母が早い目に引き上げる決心をし
たため、終戦直前・直後のような混乱と悲惨な目に会わずに
なんとか家族が日本に帰れたわけでした。

   そのときの思い出を何十年かあとの歌会始めに応募しよ
うかと書いた母の短歌があります。お題は「島」。

「掃海(そうかい)の終わりし朝鮮(う)海峡(み)を渡りくれば大和
(やまと)島根(しまね)は緑(みどり)燃え(も)立つ」

      









   < 歌会始めに応募しようして作った母の短歌 >






   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

スポンサーサイト
NEXT Entry
皆さまどーも、松ぼっくりです 今回で5回目の投稿です。
NEW Topics
新・わくわく町中散策 (第一回) ④
新・わくわく町中散策 (第一回) ③
新・わくわく町中散策 (第一回) ②
新わくわく町中散策(第一回)
天保山 浪速食いしん坊横丁 「ぶらり散策」
続 マジェスティック・プリンセス号(動画でご紹介)
マジェスティック・プリンセス号の出航を見学してきました。
川柳ふみの会 6月例会より
昨日行ってきました「舞洲 ゆり園」のご報告
ナルク大阪南「いちょうの会」第九回総会
十周年 三日路ふれあい寄席 小野力箭先生
十周年記念演芸会 総集編(写真で ご紹介)
十周年 三日路ふれあい寄席 「あだっちゃん&カンちゃん」
十周年記念 三日路ふれあい寄席 古印亭 勝丸師匠
十周年記念演芸会 ヤス・プリンナー師匠
三日路ふれあい寄席 天満家 哲ちり師匠
十周年記念演芸会 井筒家 磯七師匠
三日路ふれあい寄席 十周年記念落語会 高大家 緑生師匠
三日路ふれあい寄席 猪名川亭 喜真理 「赤とんぼ」三枝昨上映
三日路ふれあい寄席十周年記念当日がやってきました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム