2016. 07. 10  

 各界の著名人がお泊りになった由緒ある片山津温泉松濤園
意外と歴史はそれほど古くはなく明治時代ということです。

 右肩上がりで発展した温泉街も、1986年11月から1991年
10月までの僅か4年11ヶ月間のバブルで大きくなりバブル崩
壊とともに、あっけなく温泉街の名旅館が倒産してしまいました。

 色紙に書かれた著名人がお泊りになった頃が最高潮の時だ
ったのでしょうね。
地元の古老とお話をしていましたら、20軒以上の老舗の旅館で
残っているのは2軒しかなく他は皆、人出に渡ったと言うことで
す。







1div id=




  【 随分と著名人が宿泊されていたのですネ 】













2






  【 遠くへ行きたい、とやってきました松濤園 】




3 ・






    【毎日新聞の福ちゃんを担当され
       ていた、あのその・・・ 横山隆一】







4 





  【 いずみたく 】


岸洋子
夜明けの歌 
希望
いずみ たく(1930年1月20日 - 1992年5月11日)は、日本の作曲家

   今生きておられたらら86歳なんですね。














        【 水上 勉 】














  【 大平 正芳 】

 












  【 川口 松太郎 】








8




  【 鈴木 善幸 】









9





  【 中曽根 康弘 】








10 三木武雄







  【 三木 武雄 】



 振り返ってみる見ると 、昭和もだんだんと遠くなりました。
私が若いころは、明治も遠くなりにけりとよくいったものです其
の当時、明治の方は身の周りに沢山おられましたが、今では見
かけなくなりました。
 その内昭和の方が周りにいなくなる日も何れやって来る、それ
が世の習い。


何百年も人間の性(サガ)はかわらない。

 祇園精舎の鐘の声、諸行無常の響きあり。沙羅双樹の花の
色、盛者必衰の理をあらはす。おごれる人も久しからず、ただ
春の夜の夢のごとし。たけき者も遂にはほろびぬ、ひとへに風
の前の塵に同じ。







   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。










スポンサーサイト
NEXT Entry
松濤園を去る朝がやってきました。
NEW Topics
西成モラロジー事務所 BBQ大会
ふみの会6月例会
第十回ナルク南支部 定時総会 
ふみの会5月例会
帝塚山音楽祭に行ってきました。
今回は今の二色浜に行ってきました。
 ふみの会四月例会
西成区民民踊研究会
第19回三日路ふれあい寄席 ⑨
OSAKAビッグリバージャズ2018 「3」
OSAKAビッグリバージャズ2018 「2」
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑧
古印亭 勝丸師匠
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑦
OSAKAビッグリバージャズ2018
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑤
第19回三日路ふれあい寄席 ④
第19回三日路ふれあい寄席 ③
三日路ふれあい寄 ②
第19回三日路ふれあい寄席 開催 ①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 月日の経つのは早いですな
来年は、早十一年目光陰矢の如しとよく言いますが。
 調べて見れば

 「月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという事を言っているのですが、早 後期(好機)高齢者になりました、意味を知るのがが遅かった。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム