2016. 09. 26  

 一ヶ月以上たって、すっかり忘れてしまっている時期
ではありますが、どうしても気になって残っていたのが
ご祭神のひとつ八柱御子命(やはしらみこのかみ)のこ
とです。八王子ともいいます。





八坂神社①







<1 祇園京都八坂神社 >

 この神々はスサノオノミコトがアマテラスオオミカミ
に別れをつげに言ったとき、天地がひっくりがえるほど
大きな音が鳴り響いて、アマテラスに警戒されたので身の
潔白を証明する必要があったため、誓約(うけい)という
占いをしたときに生まれた神々です。
   
 まずアマテラスがスサノオの十拳剣(とづかのつるぎ)
を三っつに折り、噛みくだいてぷっと霧状に吹き出した
中から生まれたのが北九州の宗像(むなかた)三女神と呼
ばれる多紀理毘売(たぎりびめ)命(のみこと)、狭依毘
売(さよりびめ)命、多岐都比売(たぎつひめ)命の女の
神々。      





2 難波 八坂神社







 <2 難波八坂神社 > 

 次にスサノオがアマテラスのお顔や腕などに付けられ
ている飾りの宝玉などを噛み砕いて、同じようにぷっと霧
状に吹き出した中からは次のような男神が5人(神さんだ
から5柱)生まれたそうです。
   





3 難波八坂神社拝殿)






  <3 難波八坂神社 拝殿 >

 正勝吾勝勝速日天之忍穂耳命(まさかつあかつ・かちは
やひ・あめのおしほみみ・のみこと)
 (この神は天照大神の命で地上を支配することになった
ニニギノミコトの父親です) (=天孫降臨と国譲り)

  天穂日命(あめのほひのみこと)
  天津日子根命(あまつひこねのみこと)
  活津日子根命(いくつひこねのみこと)
  熊野久須毘命(くまのくすびのみこと)

 アマテラスは剣から生まれた神々はスサノオの子たち
で、宝玉から生まれた神々は私の子たちだと宣言しました。

 そこでスサノオは私が生んだ子達は優しい女神たちで、
それで自分に姉の国を奪おうとするような悪い思いがな
いことが証明された!と誓約(うけい)に勝った!ことを
バカ喜びしました。

 それまで姉に劣等感を抱いていた彼は喜びのあまり、爆
発して乱暴狼藉のかぎりを尽くして神々の怒りを買い、高
天原からとうとう追放される身となってしまいました。
   



4スサノオの荒御魂をまつる 「獅子(しし)殿」台 








  <4 スサノオの荒御魂を祀る獅子殿 >
     



5 追放されるスサノオのミコト








<5 追放されるスサノオのミコト >

 しかし地上に降りてからの彼はヤマタノオロチを退治
して民衆の苦しみを救い、櫛稲田姫と結婚をしてわが国
初の和歌を詠み、木を植え、殖産に励んで善政をしいてい
ったので英雄として慕われていきました。
   




6 須賀の地に宮を建て「八雲立つ」のわが国最初の和歌を読む







 <6 島根須賀の地に宮を建て「八雲立つ・・」の
わが国初の和歌を詠む >

 スサノオと櫛稲田姫との間の子の一人、須勢理(すせり)
姫と結婚した大国主命はニニギノミコトに国譲りしたこ
とになります。博多祇園山笠まつりで有名な櫛田神社では
八柱御子の神は祀っていません。

 アマテラスからの系譜は神武天皇以来125代続く皇
室の御祖先とされています。

 祇園社ともよばれる八坂神社はこうした神々を祀(まつ)
っている神社です。

 しかし正勝吾勝勝速(まさかつ・あかつ・かちはや・・・)
って誰がつけた名前でしょうねぇ・・・。
 
古事記・日本書紀で一番大切なことは天照大御神がどの
ような気持ちで天の岩戸に籠(こ)もられたのかというこ
とですが、深い自己修養の結果、もっとも高貴なお顔にな
られたと鏡を差し出し、大神が岩戸から出てこられたこと
を神々は喜ばれたようです。






   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

スポンサーサイト
NEXT Entry
猪名川亭 喜真理 「赤とんぼ」三枝作 ( 最終回 )
NEW Topics
新・わくわく町中散策 (第一回) ④
新・わくわく町中散策 (第一回) ③
新・わくわく町中散策 (第一回) ②
新わくわく町中散策(第一回)
天保山 浪速食いしん坊横丁 「ぶらり散策」
続 マジェスティック・プリンセス号(動画でご紹介)
マジェスティック・プリンセス号の出航を見学してきました。
川柳ふみの会 6月例会より
昨日行ってきました「舞洲 ゆり園」のご報告
ナルク大阪南「いちょうの会」第九回総会
十周年 三日路ふれあい寄席 小野力箭先生
十周年記念演芸会 総集編(写真で ご紹介)
十周年 三日路ふれあい寄席 「あだっちゃん&カンちゃん」
十周年記念 三日路ふれあい寄席 古印亭 勝丸師匠
十周年記念演芸会 ヤス・プリンナー師匠
三日路ふれあい寄席 天満家 哲ちり師匠
十周年記念演芸会 井筒家 磯七師匠
三日路ふれあい寄席 十周年記念落語会 高大家 緑生師匠
三日路ふれあい寄席 猪名川亭 喜真理 「赤とんぼ」三枝昨上映
三日路ふれあい寄席十周年記念当日がやってきました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム