2016. 11. 19  
ヤフー検索




鉄路松澤壽水


前列 四番目松澤壽水と右隣が市川銕琅(いちかわてつろう)さん.

昭和3年頃どこかの料亭か会館で、市川銕琅さん松澤寿水
(じゅすい)

との茶会が盛大に行われた時の記念写真のようです。




1_20161119014325257.jpg




       立て看板に薄らと市川銕琅
      松澤寿水が読み取れます。






2_20161119014326ce2.jpg



        市川銕琅、松澤寿水拡大写真。


 家を整理していると、古い一枚の写真がでてきました、A1の
大きさ現代ならさほど珍しくはないのですが1928年頃(昭和3
年)の時代では珍しい写真かと思います。

 偶然インターネットで検索しますと、ヤフオクに市川銕琅と松
澤寿水の作品が出ていました。

松澤寿水


松澤10




2松澤


  私の祖父は美術品の制作が主で、展覧会、博覧会などで
活躍したそうです、祖父の口癖は金は残さないが名を残すと
言って祖母は随分苦労をしたとそうです、今なら通用しないで
しょうが明治の女性は耐えたのですね。
 
 祖父は戦時中、ペナンに技術指導に出かけペナンがすっか
り気にいり、戦争で日本が勝利していたら私らを呼ぶつもりだ
ったそうです。

 その祖父は64歳で亡くなり、父は48歳私は72歳、ご先祖さま
より良い時代を長生きが出来て毎日感謝しています。  



 市川銕琅さん
故 東大寺長老の清水公照師をして、「天下の至宝」と言わし
めました。 また、職人肌の名工とも讃えられています。

 残念ながら、松澤寿水を検索しますと出てきませんが昭和初
期にはそれなりに有名だったと母は話していました。
阪急電車の創始者小林一三さんにも可愛がって戴き作品を購
入していただいたそうです、パリ博覧会にも出展賞をもらったり
宮内省にも献上したそうです、祖父や父は私が後を継ぐのを期
待していたようですが・・・・・・・

 この様な話は娘にも話はしませんでしたが、記録出来たことがご
先祖様は喜んでいてくれるでしょう。





 何処かは記載がありません、日時の記録もないのですが私
の祖父が40代ぐらいかと思います、茶道具、美術工芸品など
の制作で名を馳せたそうです。

 



   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。



スポンサーサイト
NEXT Entry
滝谷不動参拝 (富田林の編)
NEW Topics
西成モラロジー事務所 BBQ大会
ふみの会6月例会
第十回ナルク南支部 定時総会 
ふみの会5月例会
帝塚山音楽祭に行ってきました。
今回は今の二色浜に行ってきました。
 ふみの会四月例会
西成区民民踊研究会
第19回三日路ふれあい寄席 ⑨
OSAKAビッグリバージャズ2018 「3」
OSAKAビッグリバージャズ2018 「2」
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑧
古印亭 勝丸師匠
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑦
OSAKAビッグリバージャズ2018
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑤
第19回三日路ふれあい寄席 ④
第19回三日路ふれあい寄席 ③
三日路ふれあい寄 ②
第19回三日路ふれあい寄席 開催 ①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 月日の経つのは早いですな
来年は、早十一年目光陰矢の如しとよく言いますが。
 調べて見れば

 「月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという事を言っているのですが、早 後期(好機)高齢者になりました、意味を知るのがが遅かった。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム