2016. 12. 16  
  
籠城(ろう城)を基本方針とした豊臣方の中で、「
真田丸」という出丸をつくって最も活躍した武将が真田
幸村(信繁)でした。

  戦国時代を終らせ、江戸時代に至る最後の大合戦、
大坂の陣(1614~1615)のうち、前半の冬の陣
の結果「真田丸」は取り払われました。

  冬の陣では徳川家康は天王寺の茶臼山(ちゃうすや
ま)を本陣としましたが、翌年の夏の陣では真田信繁(
幸村)は少ない兵ながらここを本陣として、一心寺周辺
にいた徳川方の松平勢などの大軍に果敢に攻め込み、家
康に肉迫して死をも覚悟させるほどに奮戦しました。





10 夏の陣、真田方の本陣








   < 「夏の陣」での真田方の本陣 >





11 家康を救った霧ふりの松(=一心寺)









  < 家康を救った「霧ふりの松」(一心寺)>






12 霧ふりの松(向こうの太くて半分になった松)







< 「霧ふりの松」=向こうの太くて幹だけの松 >

  このため家康はのちに「坂松山(ばんしょうざん)」
という寺号をおくり、寺領を安堵(あんど)しています。

  幸村も数箇所の傷をうけ、一心寺のすぐ北のほうに
ある安居(やすい)神社の陰で傷の手当をしながら休息
していましたが、徳川方の兵に踏み込まれ、これまでと
観念して、すすんで相手に討たれてしまいました。





13 幸村戦没の地、安居神社







  < 幸村戦没の地、安居神社 >




14 真田幸村公の像







   < 真田幸村公の像 >

  実は前日、まだ幼いながらしっかりした長女に白装
束を着せ、薙刀(なぎなた)と懇願書をもたせて幼い弟
をつれて徳川方で信頼のおける武将にかくまってもらえ
るよう頼んで行かせていたのでした。

  相手も武士の情け、何代も隠し通してその結果、実に
東北に現代までその子孫が生きて続いているのです。当主
の真田さんは60歳代の人です。





15 幸村と息子大助の菩提寺・心眼寺







< 幸村と息子大助の菩提寺・心眼寺 >





16 心眼(しんがん)寺







    < 心眼寺(しんがんじ) >




17 お寺の扉も六文銭








  < お寺の門扉にある六文銭 > 

  心眼寺は明星高校の前の心眼寺坂をはさんで東隣り
にあります。




18 没後400年を記念して建てられた墓碑








< 没後400年を記念して建てられた墓碑 >

また幸村を討ち果たした徳川方の武将は幸村(信繁)
を供養して冥福を祈るため地蔵菩薩を自ら彫っていたと
いいます。






19 信繁を供養するため彫られた地蔵菩薩






< 幸村を供養するため彫られた地蔵菩薩 > 
   





   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。
スポンサーサイト
NEXT Entry
ダイコクで忘年会。
NEW Topics
新・わくわく町中散策 (第一回) ④
新・わくわく町中散策 (第一回) ③
新・わくわく町中散策 (第一回) ②
新わくわく町中散策(第一回)
天保山 浪速食いしん坊横丁 「ぶらり散策」
続 マジェスティック・プリンセス号(動画でご紹介)
マジェスティック・プリンセス号の出航を見学してきました。
川柳ふみの会 6月例会より
昨日行ってきました「舞洲 ゆり園」のご報告
ナルク大阪南「いちょうの会」第九回総会
十周年 三日路ふれあい寄席 小野力箭先生
十周年記念演芸会 総集編(写真で ご紹介)
十周年 三日路ふれあい寄席 「あだっちゃん&カンちゃん」
十周年記念 三日路ふれあい寄席 古印亭 勝丸師匠
十周年記念演芸会 ヤス・プリンナー師匠
三日路ふれあい寄席 天満家 哲ちり師匠
十周年記念演芸会 井筒家 磯七師匠
三日路ふれあい寄席 十周年記念落語会 高大家 緑生師匠
三日路ふれあい寄席 猪名川亭 喜真理 「赤とんぼ」三枝昨上映
三日路ふれあい寄席十周年記念当日がやってきました。
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム