2017. 04. 02  

 久しぶりにふみの会、桂子さんから原稿を送って戴きました
のでアップさせていただきます。

『 誇 る 』 宿題

毎日の家族円満こそ誇り      
勇 司

同窓会夫子どもに孫自慢      
道 子
 
誇るもの家族の元気笑い声     
八惠子

オラが村酸素濃度は日本一     
尚 邦
 
勝ち誇る孫の笑顔は宝物      
松 子
 
家系図を自慢している祖父と祖母  
佳 子
 
生臭い誇りをかざす北のドン    
麗 子
 
新時代誇る技術に支配され     
秀 子 

誇るものアニメだけではないのだぞ 
正 博

丈夫さを誇ったこの身どこいった  
利 子
 
病室で完食したと得意顔      
初 音
 
誇らしげに待ってましたと咲く桜  
楢 子
 
母の事誇りに思う里帰り      
迪 世
 
何よりも妻の手料理親ゆずり    
元 武
 
誇るもの特にないけど今がいい   
泰 子
 
終章に誇れるものを一つでも    
清 子

母が居てまあるく家を治めてる   
佳 子


 『 風 』 席題     

春一番早く来い来い老い二人    
喜八郎

風温くコートのボタン留めず行く  
初 音

日本の軽い財布に風が吹く     
勇 司

ふるさとのやさしい風と母がいる  
佳 子

着飾ると風の噂が走り去る     
常 男

はだかの木の桜が春の風を待つ   
泰 子

本年は風向き良いと惑わせる    
八惠子

お化粧し春風吹いてよい香り    
とよ子

老いた背をまだまだやれる風が押す 
春 幸

ふわふわとあの世風にもふかれたい 
多鶴子

強風に風花を見る頬をさす     
迪 世

『 まぶた 』 宿題    

寒風に乾ききってる仁王の眼   
道 子

レンズより瞼に刻むこのシーン  
常 男

まぶた落ち気力で上げて肩がこる 
迪 世

筋力がまぶたの重さ耐えている  
迪 世

絵本読む母の瞼が先に閉じ    
常 男

大セール二重まぶたが五万円   
麗 子

ドライアイ人工なみだに頼る日々 
利 子

お昼すぎまぶたの重さ耐えかねて 
勇 司

下り出したまぶた上げられ目の検査
楢 子

歳月がまぶたの奥に潜んでる   
清 子

付け睫付けて鍛える瞼筋     
初 音

あの場面まぶたの浦にこびりつく 
正 博

まぶた閉じ幼き我が子思い出す  
とよ子

式場にまぶたの下る空気満ち   
多鶴子

アイシャドースイッチオンに切り換える
泰 子

    

       

四 月二十三日( 日 )
  西成区民センター
      午後 6時
  
宿 題 
 旅

 
 花

互 選  
少し




十周年演芸会(修正します)







   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。







       





スポンサーサイト
NEXT Entry
第二十五代専門主 伝灯奉告法要 太閤園でサックスの名演奏。
NEW Topics
西成モラロジー事務所 BBQ大会
ふみの会6月例会
第十回ナルク南支部 定時総会 
ふみの会5月例会
帝塚山音楽祭に行ってきました。
今回は今の二色浜に行ってきました。
 ふみの会四月例会
西成区民民踊研究会
第19回三日路ふれあい寄席 ⑨
OSAKAビッグリバージャズ2018 「3」
OSAKAビッグリバージャズ2018 「2」
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑧
古印亭 勝丸師匠
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑦
OSAKAビッグリバージャズ2018
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑤
第19回三日路ふれあい寄席 ④
第19回三日路ふれあい寄席 ③
三日路ふれあい寄 ②
第19回三日路ふれあい寄席 開催 ①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 月日の経つのは早いですな
来年は、早十一年目光陰矢の如しとよく言いますが。
 調べて見れば

 「月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという事を言っているのですが、早 後期(好機)高齢者になりました、意味を知るのがが遅かった。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム