2017. 05. 11  
   
式の片方で次々と沢山の人々が参拝にこられています。






9 沢山の人がお参りに来られます






<9 沢山の人々がお参りにこられます >

  式は進んで、デパートの大丸創業者が真田幸村の尊崇
者であったため、安居神社に昔からいろいろと後援してきた
関係で社員代表のお参りがありました。






18 大丸百貨店から関係者の参拝






<18 大丸百貨店から関係者の拝礼 >

  また銅像製作者の参拝と挨拶。この人は「人前の挨拶は
慣れてないんで・・・」と断りながら製作上の苦労話など芸術
家らしくとつとつと語っていました。

  参加者たちはじっと見守ります。後藤又兵衛の御子孫の
参拝が司会者から告げられましたが、なにか都合が悪かっ
たのか来られてなかったようです。

  このあと事件が起こります。大坂城鉄砲隊の代表者の拝
礼がすんで、挨拶の段階で大坂城観光の人々に案内と歴史
上の説明をしているんだと言った後、銅像製作のときには時
代考証や鎧(よろい)やカブト、草履の細かい形まで銅像製
作者に教えてやったのになにひとつ感謝の言葉がなかった、
とマイクを通して声を荒げて非難するのです。

  なにか嫌なムードがひろがります。こんなごたごたを聞か
されるとせっかくの慰霊祭が台無しになるし、地下の真田幸
村さんも泣いているぞという思いと、ドラマの幸村も秀頼の側
近や浪人たちの勝手な動きに苦労していたな、と思い出され
ました。






19 式進行中の参加者






<19 式進行を見守る人々 >

  さらにモラロジーの論文に、いかに能力・知恵・才能があ
っても「第二の徳」がなければ一生苦労だけで終ると、義経・
真田昌幸(幸村の父)・幸村・大助(幸村の長男で秀頼の後
を追って自刃)・後藤又兵衛などの名前があげてあったけれ
ど、読んだ当時はファンの私は違和感を感じたものでしたが、
今日の事件を見て何か納得したのでした。

  一心寺さんについては、家康は秀吉の正室であった高台
院(こうだいいん=ねね)<家康の信頼がある>のとりなしや、
自身が霧降(きりふり)の松で助かったこともあって、寺の本
領安堵(ほんりょうあんど)(=領地の保障)をするとともに「
坂松山(ばんしょうざん)」、逢坂(おおさか)の坂と、命を助け
てくれた松を使った山号(さんごう)を与えました。

  今日もその扁額(へんがく)がお寺にかかげてあります。

  大坂城鉄砲隊の代表はとみると、そのあとのんきに大声
で幸村の短銃で家康を狙うシーンを、甲冑(かっちゅう)を着た
二人の役者に再現させていました。







20 大坂城鉄砲隊の責任者の説明







<20 大坂城鉄砲隊の責任者の説明 >  





ポスター







   このブログに投票
 クリック宜しくお願いします。

スポンサーサイト
NEXT Entry
5月5日、真田幸村慰霊祭に行ってきました 中
NEW Topics
廣田神社の夏祭り ①
新・わくわく町中散策 (第一回) ④
新・わくわく町中散策 (第一回) ③
新・わくわく町中散策 (第一回) ②
新わくわく町中散策(第一回)
天保山 浪速食いしん坊横丁 「ぶらり散策」
続 マジェスティック・プリンセス号(動画でご紹介)
マジェスティック・プリンセス号の出航を見学してきました。
川柳ふみの会 6月例会より
昨日行ってきました「舞洲 ゆり園」のご報告
ナルク大阪南「いちょうの会」第九回総会
十周年 三日路ふれあい寄席 小野力箭先生
十周年記念演芸会 総集編(写真で ご紹介)
十周年 三日路ふれあい寄席 「あだっちゃん&カンちゃん」
十周年記念 三日路ふれあい寄席 古印亭 勝丸師匠
十周年記念演芸会 ヤス・プリンナー師匠
三日路ふれあい寄席 天満家 哲ちり師匠
十周年記念演芸会 井筒家 磯七師匠
三日路ふれあい寄席 十周年記念落語会 高大家 緑生師匠
三日路ふれあい寄席 猪名川亭 喜真理 「赤とんぼ」三枝昨上映
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 三日路ふれあい寄席今年は十周記念寄席


 
 芸達者の皆さんが出演してくださいます、面白いネタ 聞かせる落語で楽しいひと時をお過ごしください。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム