2018. 03. 10  
 ふみの会
  『彩 る』
ロケット跡彩り豊かオーロラだ    
迪 世

良き色の落葉貼り絵にするいのち   
春 治
 
彩りに個性を発揮する娘        
  宏
 
色水を浮かべ彩る画紙の庭      
利 子
 
食卓を彩る料理日々苦労       
正 治
 
江戸に雪赤いコートがバスを待つ   
道 子
 
電飾の彩り添えて春を待つ      
楢 子
 
かまぼこの彩り消えているお節    
貴久子
 
彩りをあしらう菜箸の妙味      
元 武
 
食卓に彩り添えたおもてなし     
佳 子
 
盛り付けの彩りそれも味のうち    
清 子
 
七面鳥のような顔して酌にくる    
尚 邦
 
祭典を彩る花に隠す罠        
勇 司
 
ほんのりと卒寿の華を咲かせたい   
春 幸
 
銭湯を彩る子らの笑い声       
初 音
 
生き方の所々に織る金糸       
常 男
 
あざやかで何か空しいマッピング   
正 博
 
彩りが消えてしまったひとり膳    
秀 子

色花を欠かさず上げるお仏壇     
八惠子

幾山河越えて彩る笑い皺       
星 雨


 
 『 習 う 』
誉められて習う手足が軽くなる  
常 男

ハッカーが習うそばから消していく
春 幸

習うより忘れる方が早くなり   
利 子

習うのも盗むのも良い稽古事   
道 子

練習の賜物に在る天才児     
春 治

お習字をもっと励めと筆が云う   


いくつでも勉強したい時にする  
佳 子

嫁入りの道具にならぬ習い事   
道 子

先生に褒められている夢の中   
秀 子

見習いたい元気老人あちこちに  
楢 子

母に習った肉じゃが愛をゲットする
星 雨

晩学の喜び満ちる夜学の灯    
星 雨

習ってはすぐに忘れて又習う   
楢 子
 
習い事師の人柄で二つ三つ  
初 音
 
主夫になり料理ハマるも湯どうふか
貴久子
 
子どもらの習字賞状眠ってる 
八惠子








三月二十三日 (金)
  西成区民センター
      午後 6時
   宿 題  限 界
       こっそり
       しぶしぶ





       

スポンサーサイト
NEXT Entry
三日路ふれあい寄席 ポスター2組(A1&A2)完成しました。
NEW Topics
西成モラロジー事務所 BBQ大会
ふみの会6月例会
第十回ナルク南支部 定時総会 
ふみの会5月例会
帝塚山音楽祭に行ってきました。
今回は今の二色浜に行ってきました。
 ふみの会四月例会
西成区民民踊研究会
第19回三日路ふれあい寄席 ⑨
OSAKAビッグリバージャズ2018 「3」
OSAKAビッグリバージャズ2018 「2」
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑧
古印亭 勝丸師匠
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑦
OSAKAビッグリバージャズ2018
第19回 三日路ふれあい寄席 ⑤
第19回三日路ふれあい寄席 ④
第19回三日路ふれあい寄席 ③
三日路ふれあい寄 ②
第19回三日路ふれあい寄席 開催 ①
Comment
Trackback
Comment form
 管理者にだけ表示を許可する
ランキングに参加しています。ありがとうございます。 にほんブログ村 演劇ブログ 落語へ
にほんブログ村
プロフィール

panakorann214

Author:panakorann214
 月日の経つのは早いですな
来年は、早十一年目光陰矢の如しとよく言いますが。
 調べて見れば

 「月日の経つのはあっという間で二度と戻ってこないから、無為に送るべきではないという事を言っているのですが、早 後期(好機)高齢者になりました、意味を知るのがが遅かった。


下記の文面が削除出来ません。

カテゴリ
検索フォーム
QRコード
QR
ブロとも申請フォーム